下期終えて、近況ダラダラ

屋久島からの帰りの新幹線。
上期も終わり、一段落着いたってことで
ダラダラと最近感じたことを書いておく。
なんか大切なものが一気にのっかってきた気が
してて、備忘録ってやつかな。

 

まずは、9月はほんと大変な1ヶ月だった。
上期の〆と、グループの数字達成させたくて
後半はマジで色々考えて動いてた。

 

GLがめっちゃ怖くて、なかなか報告いけんくて
結果が出たり、出んかったりが怖くて
でもその怖さが活力になって、考えて
商談して、最終的に数字いかすことできて。
個人としては、いい形で9月〆れたと思う。

 

GLと目標管理面談があって、
高い目標に志高く、一生懸命取り組んでること
評価して貰えたのは、すごく嬉しかった。

 

最近の自分どうなんって聞かれて、答えたこと。
・巨人に居るからプレッシャーが凄い
・できないって思われたくないってこと考えてた
・でもいまは、そんなことなくて、目の前のことに思いっきり取り組んでいくってこと
・怒られてもいい、失敗してもいいから、一生懸命やっていく
・プレッシャーがあるから、ハードルが高いから考えるし、工夫する
・この経験は間違いなく自分を成長させてくれる経験
・1ヶ月前の自分、1年前の自分と比較して、勝ってるって言えると思う。
・自分の人生の軸は、人間として成長し続けること、強くなり続けること
・そして、親やばぁちゃんが誇れる自分でいることだと思う

 

そういえばグッときたことがある。視野が広がった気がするということ。
周りが見れるようになってきたらしい。
そんなこと考えたこともなかったけれど。

 

「欲を持て」っていうこと。
あれが欲しい、こんなんしたい、こんなんになりたい
そう思って、叶えようとした時、初めて人間は考える。そして、近づく。

 

いまのしょうこに対する自分の気持ちも一緒なんかなって。
なんとなく好きで、7月から色々してて、手に入れるための方法考えてた。

 

過去の人生振り返ると、女のケツ追っかけるって不埒だし、軟派なことだと思ってた。
だから、自分の人生の成功=仕事、勉強での成功だと思ってた。

 

自分が憧れる人間を見ると、みんなクリエイティブな部分があって、それって多分欲の部分から生まれてるように感じる。

 

なんでもかんでもじゃなく、ほんとに欲しいもの(ハードル高いもの)を手に入れるための考察って、人間力向上に繋がる気がいまはしてる。

 

だから失敗してもいいから、練習/修行と思って、やってみるか。なんて思ってる。

 

勿論いままでの自分も好きだし
それ以上にこれからの自分に期待してるけど
直感で感じたことはドンドンACTIONに移す

 

仮にそれが失敗したとしても
最後成功すれば、成功までの過程になるでしょ?

 

あとホリエモンの本の中で、改めて共感させられたことがある。
「周りは貴方が気にしてるほど、貴方に興味ない」ってこと。
だから、失敗したって恥ずかしくなんてないっしょ。
むしろそれをネタに変えれる力があったら強いよねなんて思う。

 

あとは、自分に掛ける言葉ってすげぇ大事だなって思う。
・この場面どうやって切り抜けようか
・これ切り抜けたらまた成長できるわ
・ここ凌いだら自信になる
・ここをどうやって戦うか、自分に期待だわ
・普通の人なら逃げ出したいこの場面、この局面を切り抜けておれは強くなってきた
・このピンチ、どうやってチャンスに変える?
・自分の立場を嘆いている暇があるなら、どう打開するか考えてみろ

 

田中マー君が今日プレーオフで勝ったらしい。
2年前はKOされて、今日負けたらヤンキースプレーオフ進出が危ぶまれたらしい。
そんな中で結果が出せたことについてのコメント。
「ここで勝つために自分はアメリカに来た。日本ではこういう場面を美味しいっていう。」だってさ。


美味しいって笑
でも負けたらどうしよってことばっか考えてたら、出る力も出ないよね。
おれもピンチの場面を美味しいって言うようにしよう。

 

とまぁ、ダラダラ書いたけどこんな感じ。
下期のテーマは「カッコ悪く」かな。
沢山失敗して、カッコ悪さを沢山出そう。
周りはおれのこと気にしてないんだからさ、やりたいことやるだけっしょ。

【読書】大道典嘉 勝負を決めるメンタル力

日々、どれだけ何かを我慢し、何かを継続することができるか。それがメンタルが強い選手になる全うな道筋。

 

 

 

一流は常にアンテナを張り巡らし、いいと思ったら試してみる。二流は変えることを怖がるか、面倒くさいと思う

 

 

 

強いチームの選手は、みな苦しみと闘っている。「楽しんでやりたい」というのは弱いチームの選手

 

 

 

一流は誘いを断り、自分のルーティンのみに忠実。二流は人付き合いがよすぎて、断れない。

 

 

 

ウソでもいいから、一緒に考えている、一緒に悩んでいるふりをする。指示や指摘をするのではなく、選手から意見を求めてくるのをまつ。

 

 

 

チャンスをもらわないと上にはいけない。そのために、どんな状況もチャンスにする。手を挙げるということを大切にしていく。

 

 

仕事をする意味

先週より、今週の方が心臓が緊張してる。

また明日から仕事が始まるということが

そんなに嫌なんだろうかと自分に問う。

 

 

 

ふと「何のために頑張ってるんだろう」と

考えてみる。

金のため?名声のため?

 

 

 

答えは「自分で自分の道を選べる様に」だ。

いま、自分には明確な目標はない。

10年後、絶対にこうなっていたいってものはない。

 

 

 

でも、幾つか候補はある。

いまの会社でいけるとこまで上り詰める

海外で勝負して、日本に戻り転職する

沖縄に住む

 

 

 

ザックリこんなことを考えている。

でもどれがいいか/すべきか決まってない。

だから、選択する時が来た時に、その道を選べる様な準備をしておく必要がある。

 

 

 

もう一つは、自分の成長のためだ。

支店での仕事で学ぶことは、もう少ない。

だけど、今の仕事で学ぶことは多い。

 

 

 

少なくとも、1年前にこっちに来る前の

自分と比べると、成長してると実感する。

それは、自分なりに戦ってきた勲章だろう。

 

 

 

だから、いつもこんなプレッシャーを感じて

やってきた日々の意味は確実に出ている。

少しずつ少しずつ成長する自分がいる。

 

 

 

だから、無意味じゃない。

この大変な毎日は、絶対に大きな糧となる。

だから、1日1日前向きに頑張っていく。

 

 

 

26という若いうちから今の立場を任され

プレッシャーと戦いながら、やっている。

5年後/10年後に大きな自分の武器になるはず。

 

 

 

だから、前向きに。

もっと毎日に意味を持って。

自分を信じて、やっていこう。

 

 

 

今日、いま惚れてる女に自分の弱いとこを

見せてみた。

「ぶっちゃけ怖い」って言ってみた。

 

 

 

どう思ったか分からんけど、

少しずつ自分の弱みを見せていきたい。

ありのままの自分を見せていきたい。

 

 

 

弱い、かっこ悪い自分を見せれることが

真のかっこいい男なんだと最近思う。

それは、仕事でもきっと同じなんだろうな。

【読書】20代にしておきたい17のこと

死ぬほどの恋をする

⇨それができないのは、心をオープンにできていないから。心をオープンにすることは、他のことにもつながる。

 

自分への質問(声かけ)は大切

⇨「このピンチから脱出するために、必要なことは?」「誰に助けを求めたらいいだろう?」「この状況で学ぶことは?」「いまの人生に感謝できることは?」

 

自分を切り開くための質問

⇨「自分に天才性があるとしたら、それは?」「最高の人生を生きるとしたら、自分の未来は?」「自分の夢を実現するのに、助けてくれる人は?」「これからどんな奇跡が待っているのだろう?」

 

知識と知恵

⇨知識に経験が加わると知恵になる。自分の進むべき方向性がわかれば、必要な知識や知恵もわかる。そうすればそれを持つ人を探せばいい。

 

趣味を大切にする

⇨趣味は楽しいもの。人生は楽しむためにあるもの。だから人生において趣味は大切なもの。

 

3つの運を大切にする

⇨⑴上から引っ張り上げてもらう運⑵横から支えてもらう運⑶下から持ち上げられる運

故郷のツレ

いま帰りの新幹線の中。

お盆やすみ終わったなー。

あっという間の6連休だった。

 

 

 

優太と甲子園行って、

小宮達とキャンプ行って師勝に行った。

ほんと、あっという間だった。

 

 

 

決して派手じゃないけど

とてもとても楽しかった。

それは、素の自分に戻れたからかな。

 

 

 

10年前位に知り合って、

気がつきゃもう30手前。

結婚するやつがおれば、

子供できたやつもおる。

 

 

 

大人になったなーって実感。

みんなパートナーのことを考えとるし

パートナーと一緒に生きとる感がある。

 

 

 

そんな中で、自分のやりたいこと貫き続けて

ほんとにこのままでええんかなーて思う。

パートナー探しにエネルギー割かんで

ええんかなーって思ってしまう。

 

 

 

思い起こせば、今までの人生で

そこにエネルギーを割いてきた割合って

とてもとても少ない。

 

 

 

付き合って、延長線上に結婚がある。

だから、ダメならまた次へって

今まで来たけど、合ってんのかな?

 

 

 

こと恋愛に関しては、自分の価値観が

正しいのかどうか不明で仕方がないわ。

 

 

 

でも結局、いまの自分のプライオリティの

置き方は嫌いじゃないし、変えるつもりもない。

まだ26だし、とりあえずは今のままでいいでしょ?

 

 

 

28迎えて彼女全くできてなかったら、

変えるとかでも全然間に合うって気でいる。

 

 

 

高校の頃からのツレが大好きだし

これからもズッと付き合ってきたいし

一緒にバカやっていきたい。

 

 

 

そんな当たり前の日々が

貴重な日々に変わる日がくるんかなー

なんて考えてしまった。

 

 

 

暗いな笑

まぁ決めたんだから、堂々と。

明るくいこまい。

恐怖と付き合う

「仕事がある毎日が怖い」

日曜の夜はいつもこんなことを感じている。

今はそうでもないが、月曜が来るのが怖いと

感じ、眠れなかったこともあった。

 

 

 

何故、そう思うのか。

仕事が上手くいかない不安は特にない。

人間関係が上手くいってない訳じゃない。

 

 

 

仕事の特性上、たくさんのことに神経を使う。

事前の根回し、報告、絵を描く。

その絵が正しいものであるのか。

 

 

 

また、0を0.1や0.2にするための発想が必要。

0から0.1を生み出すことはエネルギーを使う。

そんな仕事を、指示のみじゃなく

自分の頭を使い考えることを求められている。

 

 

 

まだまだだが、一人前として見られている。

そんなことが重圧に感じ、仕事が怖いのかな。

きっと、部活をしていた時と同じ気持ちかな。

 

 

 

練習で怒られることが怖い。

練習で失敗することが怖い。

メンバーを外されることが怖い。

周囲の期待を裏切るのが怖い。

 

 

 

この気持ちを乗り越える方法として

叩き潰すことを考えていたが、

プロフェッショナルの栄さんの特集を見て

考えが変わった。

 

 

 

栄さんも若い頃、いまの自分と同じ様な

気持ちを持っていた。

つまり、誰もがみな怖いんだ。

 

 

 

みんな緊張するし、みんな失敗は怖い。

怒られるのは嫌だし、期待に応えたい。

そんな重圧を背負いながら、戦えるか。

自分をコントロールし、恐怖と付き合えるか

それが大切なんだと感じた。

 

 

 

いまのヒリヒリする毎日がきっと

将来の自分の成長へ繋がると信じて

前向きに明日も頑張りたい。

原点回帰

鹿児島出張→ゴルフ/宿泊のスケジュール。

初めての代理店との接待で神経使った。

良い経験になったし、楽しかったけれど。

 

 

 

そんな中で感じたことを書く。

最近思うのは、営業の基礎を

失いすぎてるんじゃないかということ。

 

 

 

現場で戦ってもらっている、

代理店への感謝とか

現場を大切にする気持ちが薄れている。

 

 

 

現場から離れて商談する機会が多いから

環境上そうなることは仕方ないことだけど。

もっと現場のリアルを知って、

感覚を研ぐ必要があるんじゃないかなと。

 

 

 

商品/サービスについても把握できてない。

金額や売り方に興味を持てていない。

他社の情報をしっかり取れてない。

 

 

 

そんな中で代理店へいい提案はできないし、

なんとなく説得力のない商談になるよね。

自分がスタッフ/店長ならどうするか。

そんなことをもっと考える必要がある。

 

 

 

もう一つ感じることがある。

それは、大分の時の様な突進力が

弱くなってしまっているということ。

 

 

 

商談するレイヤーが違うとはいえ、

もっと代理店を愛さないといけないし、

もっと代理店を知ろうとする必要がある。

 

 

 

怒られることに怯まず、思ったことを

相手に伝えていく必要がある。

その中で真の問題にたどり着き解決をする。

 

 

 

次の一手として、ベタな営業に切り替えて

やっていく必要があんのかなと。

原点回帰。

 

 

 

昔の自分ならどうするか、どう考えるか。

今の知識でよりクオリテイを上げるには

どうしていくか。

 

 

 

これまでの経験をフルに使って

もう一つステージを上げる必要がある。

そんなことをふと思った。