play back 27years old

今日で27歳が終わる。

あと2時間もすれば、28歳になる。

振り返るとあっという間の1年だったし、

一方でとても濃密な1年だったと感じる。

 

 

 

27歳になった瞬間、私はとても悩んでいた。

人生のこと、家族のこと、そして仕事のこと。

自分を認めてくれる人間がどこにも

いないんじゃないかという気持ちだった。

 

 

 

ただ、自分らしく。

周りに流されず、26年間生きてきた自分を

信じて生きることを27歳では誓った。

 

 

 

環境が大きく変わった1年だった。

広域から統括支店になり、スター軍団が

バラバラになり、ライバルが増え、

自身の存在感が薄まること

を恐れたこともあった。

 

 

 

ただ、その時も自分を信じて

自分がやりたいことを優先して

周りを巻き込んで。

 

 

 

どこか学祭の時の自分の様に

無我夢中で毎日過ごしていた様な気がする。

 

 

 

そんな先のない、足のつかない海の中での

もがきの様な毎日が自分の強さを

気づかせてくれた様な気がしている。

 

 

 

慢心だと言われるかも知れないけど、

「自信が確信に変わった」

そんな1年を過ごせた様に感じている。

 

 

 

最近、反省すべきことがある。

それは、周りの人間を見下していることだ。

 

 

 

最初は、そうでもしないと自分らしさや

広域での精神が薄れてしまう気がして、

「俺はお前らとは違う。」

という気持ちで戦ってきた。

 

 

 

西田さんに言われた

「これからどうなるか楽しみや」

という言葉を胸に、誇りを持ってやってきた。

 

 

 

広域時代に学んだたくさんのこと

時に、眠れないほどの重圧、責任所在

それが今の自分の血肉となっている。

 

 

 

だけど、周りを見下すのは

本当のリーダーではない。

 

 

 

西郷隆盛しかり、坂本龍馬しかり、

時代を動かす寵児は周りを巻き込み

大きなことを成し遂げる。

 

 

 

幕末の志士をリスペクトしている割に

一番の大切なエッセンスが

いまの自分には抜けているのではないか。

 

 

 

そんなことを今になって感じる。

 

 

 

目標達成のためには、時に汚いこともする。

相手との交渉の場では心を揺さぶる。

 

 

 

だけど、大切な根っこの気持ちや人間性

大切にしなくてはいけないんじゃないかな。

 

 

 

自分のフィロソフィを将来多くの人間に

伝えていきたい。

 

 

 

ただ、27歳の自分が悪くなったとは

全く思わない。

そういうステージまで来たのだと感じている。

 

 

 

それに気づけた今、28歳の自分には

嘘偽りなく期待している。

また一つ成長出来る様に思っている。

 

 

反省と賞賛と期待を込めた

27歳最後の一日に感謝。

 

 

 

旅行人山荘のロビーにて。

 

 

 

躍動

新しい上司

11月に入り、また組織が変わった。

それに伴い、新しい上司がきた。

とても不安である。

 

 

 

何が不安か。

自分のために評価を取りにいってくれるかだ。

 

 

 

改めて思うのは、今までの上司は

恵まれ続けていた。

何故なら、どの人も尊敬すべき点があるからだ。

 

 

 

それに矢面に立ち、戦ってくれるからだ。

そう思うと今回の上司はタイプが違う。

自分が如何に上手く使いこなせるかが

カギになる。

 

 

 

先日、自己申告面談があった。

吉田さんに、思っていることを伝えると

共感/納得してくれた。

 

 

 

そして、こんな自分のためにパイプを使って

話を聴いてくれた。

自分にはそんな応援してくれる人がいる。

 

 

 

自分がいまやりたいこと、それは

5Gというプラットフォームの上に

面白い奴らを集め、外に発信していくこと。

 

 

 

それは何処か学園祭に似ているのかな。

学園祭というプラットフォームの中で

自分たちの発信したい物を発信させ

来場者を楽しませたり、勇気付けれる。

 

 

 

それに加えて、明治というブランドを発信し

高めるツールにだってなるのだ。

 

 

 

やりたいことはそんなことだ。

そして夢であるアメリカに住めたらいいなと。

 

 

 

やっとしっくりくるやりたいことに出会えた。

限られた時間だからこそ、一歩一歩

日進月歩で前に進んでいきたいと思ってる。

 

 

 

新しい上司の存在をいくら嘆いたって

状況は決して好転しない。

だったらこの環境下で如何にパフォーマンスを

高めていくかを考えていきたい。

 

 

 

将来の自分の鍛錬になると信じ

また一つ成長してみせる。

 

 

 

躍動

 

【読書】ナイスガイ症候群

■調和のとれた男

・自分は自分という意識を持っている。自分はありのままでいいと思っている。

・自分が望むものは、自分の責任で手に入れる。

・自分の男らしさや性的能力に自信がある

・首尾一貫している。正しいと思ったことをやり、その場しのぎのことはしない

・リーダーシップがある。大事だと思う人たちに手を差し伸べ、守る力を持っている。

・明快で単刀直入。自分の感情を率直に表現できる。

・おせっかいを焼いたり、むやみに肩入れしたりせず、広い心であたたかく見守ることができる。

・自分は自分、人は人という境界線を引くことができ、必要なら争いごとも恐れない

 


■過度な自己否定志向

子供時代の経験から、「自分は生まれつきダメな人間で、欠点だらけで、人とは異質で、愛されにくい人間だ」と信じ込んでしまうことです。

故に欠点を隠し、「人は自分にこうあって欲しいと望んでいるのではないか」と勝手に決めた人間にならなければと思い込んでいる。

 


■結果を出せない男たちの悪しき習慣

・人から認められたいと思う

・自分の欠点やミスを隠そうとする

・自分の望みより他者の望みを優先する

・自分の力を他者のために使い、犠牲者的な役割になってしまう

・他の男たちとの付き合いや、男としてのエネルギーを発揮することは控える

・とても満足とは言えない人間関係を相手と一緒に構築してしまう

・セックスでは、二人とも満足できないような状況をつくってしまう

・持てる実力を最大限に発揮できない

 


■テフロン加工の人格

世の中の人々は、実のところ完璧な人間には惹かれません。

人が惹かれるのは、自分が興味や関心のあることを話題にしたり、悩みを相談したりできる相手であり、エネルギッシュで生命感に溢れた人なのです。

 


人が好きなのは人間らしい人です。自分の本来の性格を隠し、自分は完璧な人間であるというイメージを与えようとすればするほど、実体は捉えにくく、人間らしさに乏しいつまらない男に見えてしまいます。

 


■自分を認める方法-自分を肯定する

・私はありのままでも愛される

・私は完璧なまでに不完全な人間だ

・自分の望みがいちばん大切

・私は強く、パワーにあふれた人間だ

・大丈夫、私ならできる

・人間だからミスもする。それでいいんだ

・誰より自分を喜ばせよう

 


■思いやりとお節介のちがい

お節介:与える側が与える必要があると思うものを与える

思いやり:受け取る側が必要とするものを与える

 


お節介:与える側の心の空虚感を満たすための行動

思いやり:与える側の心のゆとりから生まれる行動

 


お節介:無意識のうちに見返りを期待する

思いやり:見返りを期待する気持ちはない

 


■自分ファーストの人間になる

自分ファーストになった時のメリット

・自分の望み、欲求を満たせる可能性が大きくなる

・相手が本当に必要としているものを正しく見極めてから与えられるようになる

・不満を期待を伴うこともなく、相手が望むものを与えられるようになる

・愛情に飢えた心がなくなる

・より魅力的な人間になる

 


■自分の望みを把握する

思考のパターンを変更する必要がある

・欲求を持つのは、人間として当たり前のことだ

・成熟した人間は、自分の欲求をみたすことを優先する

・自分の欲求を満たすために、明確で直接的なかたちで誰かの手を借りたって構わない

・自分の欲求を満たすことに、周りの人も手を貸したいと思っている

・私たちは、何でも手に入る豊かな世界に生きている

 


■自分本来のパワーを取り戻して弱さに勝つ

何が起ころうともどーんと構えて対処できる自信に満ちた心の状態。

・肩ひじ張らない

・現実をしっかり見つめる

・感情をきちんと表現する

・不安と向き合う

・首尾一貫した誠実な人間になる

・他者との間に境界線を引く

 


一つ一つの不安と向き合うたびに、「どんな不安であっても、自分はきちんと対処できる」という信念を持つことが、自らの記憶による不安に挑むことになります。

 


■男らしさとは無縁

大抵のナイスガイたちは、性的エネルギーや競争力、独創性、自己主張、積極性、強引さ、自己顕示欲、そして活力といったものを失う

 


■重要なのは女性から認められること

女性の機嫌を伺い、必死で喜ばせようとするタイプの男を弱々しい男とみなし、軽く見る傾向があります。

女性たちに話を聞くと、ほとんどが異口同音に「従順で、おとなしいだけの意気地なしは願い下げだわ」と言います。

 


■望ましい人間関係を構築するには

・自分のことを認めてあげる

・自分のことを最優先にする

・信頼できる人に、自分のことを打ち明ける

・暗黙の契約をやめる

・自分の欲求、望みをしっかり把握する

・肩ひじ張らず、成り行きに任せてみる

・現実をしっかり見つめる

・自分の感情をきちんと表現する

・首尾一貫した誠実な態度を身につける

・他者との間に境界線を引く

・男らしさを取り戻す

 


■いままでと違う行動パターンをとる

彼女が居ないなら、これまでとは違うタイプのパートナーを選ぶ。

 


周りから認められよう、何事もきちんとやろうとすればするほど、彼らが本来持っているはずの人を惹きつけるエネルギーは弱っていく

 


■野生動物に学ぶ

自信こそが最大の媚薬。ボス猿はメスにどうしたら振り向いて貰えるかなんて考えない。自分は自分。猛々しく、強く、戦うべき時は戦い、性的な自信に満ち溢れている。

 

 

 

【読書】僕は愛を証明しようと思う

■イエスセットの法則

とにかく女に沢山イエスと言わせておくことが大切なんだ。イエスと言い続けると、自然とラポールが形成され、連絡先を聞かれたり、家やホテルに誘われても相手はイエスと言ってしまうんだ。

 


■タイムコンストレインとメソッド

女に話しかける時に、「20分しかないんだけど」や「5:00から予定があるんだけど」と時間制限をすることで、女の不安を取り除いてあげる

 


■目を合わせる

通勤電車で合う女、コンビニやカフェの店員、道ですれ違った女、とにかく少しでも惹かれる女が居たら、そいつの目を見つめ続けろ。目があっても逸らすな。

しっかりと目を見て話せる男に、女は自信を感じて好感を持つんだ。

 

 

 

ダブルバインド

本当に今度、デパートにいこうと思ってる。いいよね?もし困るんだったら、お茶かディナーでもいいけど、どうする?

 


■5つの質問ルーティー

5回とも嘘を言ったら相手の勝ち→いま何問目だっけ?

 


■モテスパイラル現象

ブサメンのオスが他のメスと沢山交尾している姿を見ると、メスはイケメンよりブサメンと交尾したがる。イケメンや金持ちより、単に他の女にモテている男がモテる、という事実だ。

 


■4つのテクニック

ペーシング、ミラーリング、バックトラック(おうむ返し)、イエスセット

【読書】ユダヤ人大富豪の教え

人間は習慣の動物である。一度、嫌いなことをやって、生活するパターンが身につくと、そちらの方が慣れ親しんだ感じがするものだ。

 


自由な心がないと、人生の目的にはたどり着けない。そのためには、自分が何をやりたいのかを知ること、そしていまやっていることを愛することの2つの力が必要だ。

大好きなことに巡り合う一番の方法は、今やっていることが何であれ、それを愛することだ。

 


成功するのに必要なのは、流れを読む力だ。物事の奥深くを見通す力だよ。社会の流れがどうなるのか、お金の流れがどこへ行こうとしているのかを予測することだ。財を成す連中は、それに全神経を使う。

 


日常的に考えてるいることが人生を作る。金持ちは、日常的に豊かさ、新しいチャンス、楽しいイベントのことを考える。お金に縁のない人は、月末の支払い、イヤな上司、リストラ話など貧困につながることばかりを考えている。

 


思考が人生を形づくり、感情が人生をコントロールする。怒り、悲しみ、鬱々とした感情、全ては人生を台無しにしてしまう。

 


自分の考えを朝から晩まで書き出してみる。そしてそれが人生にとって有益な思考が精査をしていく。

 


男女関係もビジネスも成功したければ、コミュニケーション能力を高める。コミュニケーションには2つあり、自分の内面とのそれと自分の外側とのそれだ。ほとんどの人が、自分の内面を知らず、夢遊病者の様に生きている。

 


最高のセールスとは、売った後も、その客が買い続けてくれることだ。最高のセールスマンは一切セールスをしない。一旦このサイクルができると、客が列をなして売って欲しいという。一番大切なのは、最初に核(インフルエンサー)となる客を作ることだ。

 


自分の話す言葉に注意をする。普段君が話していることは、君の未来を作る。君が人の悪口、否定的なこと、ゴシップを話せば、君の将来はネガティブで満たされる。君が、希望、ビジョン、豊かさについて語れば、君の人生は喜びと豊かさに満たされることになる。

 


付き合うひとが自分の応援団になってくれる→成功への近道。成功者は人をみな大切にする。「信頼される人間になる」ことを心に刻んでいる。

 


人と接する時の心構えは「この人と出会えて自分はなんて幸せなんだ。この人のもとに沢山の幸せと豊かさがやってきます様に」と祈りながら微笑みかけること。

 


偉い人には、あたかも彼が偉くないかの様に接する。そして、偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。

偉い人ほど本当は普通に接して貰いたいものなのだ。逆もしかり。

 


目標は、どんな仕事がいいのか、どんな人生が欲しいのか、一つ一つはっきりさせる必要がある。

その欲しいもののための、行動リストを書き、一つ一つ行動していく。

 


すべきことと思うことを目標にはしない。

「目標設定成功5原則」

1.ワクワクする目標を立てる

2.目標は細分化し、具体的な行動をステップを立てる

3.目標達成のご褒美と、失敗の罰を用意する

4.目標達成の瞬間をイメージして楽しむ

5.行動を起こす

 


周りの人全てに支えられ、今の自分があるという風に感謝をし、毎日過ごす人と、「これは俺がやったから、これくらいの成功は当然だ」と傲慢に開き直る人とでは、どれだけの将来の差が出てくるだろうか。

 


もう一つ大事なのは、助けてもらうことで、実は助けてあげることができるということ。人は本来誰かを助けたいものだと、わたしは思っている。人は誰かを助けた時、精神的な安らぎと満足感を感じるものだ。

 


もし自分でできたとしても、できるだけ多くの人を巻き込んで助けて貰うことだ。そして、その人たちに感謝して喜んでを貰うことが自分の成功スピードを速める。

 


人の時間は有限だ。故に習得できる能力も有限だ。大切なのは、専門家の力を使うこと。もし、経営者を目指すならば、プレイヤーとしての技を磨くと同時に、監督としての力量を身につけることを第一の目標にするといい。

 


マスターマインドとは、複数の心が同じ目的に向かいまとまった状態をいう。それは大きな力を生む。多くの成功者はこの力を利用している。

 


1.問題があれば、できるだけその場で話をする。その日のうちに解決すること

2.何か決める時は、2人の100%の合意で決めること

3.お互いの存在を自分の人生で奇跡として扱い、感謝すること

4.自分が幸せになることに自分で責任を持つ

5.夫婦は運命共同体であると認識する

 


多くの人の最大の問題は、理想の状態をイメージしないこと。君がやるべき最初のことは、自分の望む人生をイメージすることだ。

そして、そのイメージに対する不安、恐れ、イライラに立ち向かうことだ。

 


いま、心から楽しめることを全身全霊でやる。その生き方が君に、魂の喜びと経済的な豊かさを同時にもたらしてくれるだろう。

 


成功の光の影の側面

1.自分を見失うこと

2.愛する家族やパートナー、友人を失う

3.上昇気流に潜むエアポケット

4.自分、家族、身近な人にふりかかる病気や事故

5.周りからの批判と自己不信

6.他人への不信、競争、嫉妬、将来への不安

7.成功への恐れ、偉大な自分を受け入れる抵抗

 


一人の人間が暴力的になると、周りの人間は影響を受けて荒んだ気持ちになる。同じように一人が幸せになるとき、周りの人間も影響されて、幸せになるものだ。

 


君は必ずたくさん失敗する。でも、要はその失敗からどんなことを学び、またカムバックするかだ。自分でダウンを認めないかぎり、人生のゲームに負けはない。君にはどんな失敗からも学べる知性と、そこから立ち上がる勇気がある。

 

【読書】10年後の仕事図鑑

これからの未来においては、何者でもない人間/貢献度の低い人間の価値はどんどん下がっていく。だから自分自身に価値をつける、すなわち多くのフォロワーを獲得しなければ、市場価値のない人間になる。

 


会社を設立するメリットは、投資家からお金を集めるためにある。会社は個人より信頼があるため、お金を集めやすい。

 


新しい仕事で成功するには、その仕事にハマること。自分でルールを作り、没頭する。好きになってから没頭するのではなく、没頭するから好きになれる。

 


経営者の仕事は2つ、組織にビジョンを語ること。そして組織を管理すること。ビジョンを語り、人間をモチベートすることは今のところ、AIにはできない。

 


機械は嘘をつかない=信頼される。商品/サービスを過剰に訴求することはない。これからは「この人なら買ってもいい」と思われ、客がついてくる営業だけ生き残れる様になる。

 


観光業には可能性がある。画一的なプランは人気がなくなり、「少しマイナーな体験」や「そこでしかできない体験」が今後重宝されるだろう。

 


好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす。好きなことを掛け合わせ、「100万分の1」を目指す。

 


パブリックな薄い信用はどうでもいい。僕にはがっちりグリップしている一定の層があって、僕はその人たちを大事にしてきたし、その人たちも応援してくれている。もともと僕は、わかってくれる人だけわかってくれればいいというスタンスでやってきた。

これが僕のいう信用であり、大切にすべき人間関係である。

 


同い年の人間でつるむのは意味がない。世代性別を超え、面白い人たちと面白い時間を過ごす。結果、偶然の様にアイデアが生まれ、仕事に繋がり、遊びにつながる。

 


情報を仕入れたら、ツイッター/フェイスブック等なんでもいい、そこで毎日発信し続ける癖をつける。そうすることで情報を有機的に繋げていくことができる。自分の思考を逞しく鍛えていける。

 


チャンスがあるなら、何も考えずに「一番最初に手を挙げるバカ」になれ。自分の「いいじゃん」という感覚を信じて行動。僕の判断力を鍛えてきたものがあるとすれば、この行動の繰り返しだ。

次の挑戦に向けて

ユダヤ人大富豪の教えの中に

こんなフレーズがあった。

「過去に達成した目標/未達成だった

目標を振り返ってみる」という内容。

 

 

 

何となく興味が湧いたので、振り返ってみた。

 

◆達成したこと

中学野球部 背番号7

高校野球部 背番号3

明治大学合格

大石ゼミ合格

オープンキャンパストークライブ成功

明大祭トークライブ成功

明大祭参加団体局長 肩組んで校歌成功

松野さんCSA優勝

パーク中規模イベント成功

社員時の8点評価獲得

TOEIC845点

トライアスロン完走

 


◆未達成だったこと

高校受験失敗

高校野球引退試合出られず

就活オリエンタルランド行けず

下山さん退任時のイベント失敗

 

 

 

振り返ってみると、思ったよりも

1.目標達成した内容が小さいこと

2.失敗の数が少ないこと

に気付かされた。

 

 

 

振り返ってみると、等身大の自分に合わせた

目標設定にしていた様な気がする。

 

 

 

本当にやりたいことではなく

実現可能性を踏まえた上で

現実的な目標設定にしてたんだろうな。

 

 

 

理由は、

・自分には難しいだろうって思い込み

・未達成だった時の悔しさリスク

の2点が考えられるんだと思う。

 

 

 

あとは、社会人になってから

日々一生懸命に戦ってきたけど

大きな夢を持ってとか、目標持ってってのが

無かったんだなーと改めて思った。

 

 

 

来年はチャレンジで、人生の分岐点の一つ。

折角のチャンスだから、

「ニューヨークに住みたい」って思いは

主張できる準備をしたいと思う。

 

 

 

最近までも無理矢理実現可能性の高い

ミャンマーを希望しようかとか

考えていたわけで、それは良くないって

改めて思った。

 

 

 

社長との意見交換会

もっとチャレンジすべきだし、

自分のいる業界はこの先夢のある業界だと

感じた。

 

 

 

別に失敗して元々でしょ。

それに失敗して、

それ引きずるタイプじゃないよね?笑

ってことで、いざニューヨーク。

 

 

 

躍動