ネクストバッターズサークル

金曜日に、ひょんなことからGLと仕事中に

珈琲を飲みに行った。

 

 

 

そこでひょんなことから、夢の話になった。

GLに夢を聞いたら「おまえの夢は?」って

聞かれた。

 

 

 

そこで、出てきた言葉は

「ニューヨークに行きたいです!」だった。

 

 

 

僕がニューヨークに行きたいって

思ったきっかけは、「世界の東京だから」だ。

 

 

 

学生時代、日本の中心である東京で生活をして

凄く充実した時間を過ごすことができた。

何より、今の僕を形成しているのは

東京で過ごしたあの4年間の比重が大きい。

 

 

 

大学生という、義務教育を遥かに超越した

教育環境の中で、やりたいことをやった。

何より、「やりたいっ!」と思うことに

出会えていた。

 

 

 

だから、ボールを持ったサッカー少年の様に

なりふり構わず走ることができた。

そして、そんな経験をした自分を

誇りに思うことができたのだ。

 

 

桜が開花したことがニュースで流れ始めた。

社会人4年目がもうすぐ終わろうとしている。

 

 

 

 

ずっと自問自答している事がある。

「自分は将来何がしたいんだろうか」

「自分はこのままでいいのだろうか」

「今の自分は誇れる自分なんだろうか」

 

 

 

 

話は変わるが、ゆうじさんが言った

こんな言葉がずっと心に残ってる。

「あいつらすげぇ。

日本人なんてすぐに負けるぜ。」

 

 

 

あいつらとは、ゆうじさんが

留学先で出会った、韓国や中国人の事だ。

 

 

 

近い将来。

いや、具体的には10〜20年後には

韓国人や中国人をはじめとして

そんなグローバルな人材達と仕事をしているのだろう。

 

 

 

そして何より、そいつらに勝って、

自分の居場所を勝ち取らないといけないのだ。

 

 

 

「今の自分でそいつらに勝てるかな?」

そんな疑問がふと心に浮かんだ。

それは勉強だけじゃなくて、人間力でも。

 

 

 

だから、改めて自分を研磨してみたい。

本当の大リーグで戦える選手になりたい。

そのために武者修行してみたい。

 

 

 

いまのルーティンワークから脱する事で

「やりたいこと」

「やらなくてはならないこと」

「おれがやらないかんこと」

っていうのが見えてくるかもしれない。

 

 

 

世界中の人間力が高い奴らの集う、

ニューヨークに行ってみたい。

 

 

 

だから、僕はニューヨークに行きたい。

そんな話をGLにしてみた。

その時にこんなことを言われた。

 

 

 

「じゃあ、まずはチャレロやな」

 

 

 

そうか。僕にはもうすぐチャンスがくる。

いつ来るかわからないチャンス。

でも必ず廻ってくるチャンス。

 

 

 

その時に自分のスイングでランナーを

返せたら、ニューヨークに行けるかも。

 

 

 

まずはそこに照準を合わせて、

今何をすべきか。

いや、何が出来るのか。

それを考える必要がある。

 

 

 

ここ最近モヤモヤしていた気持ちが

少し晴れた。

 

 

 

やるべきことが明確になれば、

日々のルーティンワークに「目的」が

生まれる。

 

 

 

目的を生むことのできた人間は強い。

きっと。

だってこれまでの人生がそうだったから。

 

 

 

高校野球の夏の大会前だって

大学受験だって

学祭で皆で校歌を歌ったあの時だって

就職活動だって

いつだって、そこには目的があった。

 

 

 

これから先、結婚して、

家庭を持つことを考えると

実は大きな大きなターニングポイント

なのかもしれない。

 

 

 

なんか、大切なことが見つかった気がして

少し嬉しい。

あとは行動に移すことができるかどうか。

 

 

 

よし。まずは制度を知ろう。

初・一人旅

3連休、知世と鹿児島に行くはずだった。

でも別れたから、行くか迷った。

誰と行くか。

 

 

 

そんな時、前から一人旅をしてみたいと思ってた自分がいたことき気づいた。

 

 

 

だから、一人で鹿児島に行ってみた。

レザージャケットにバックパック。

 

 

 

初日は指宿に行った。

行く先々で、感情を共有できない寂しさを感じていた。

 

 

 

そして今日。

前から鹿児島に行きたい理由だった

幕末の志士たちの史跡を巡った。

 

 

 

もともとバスで巡る予定だったけど

なんとなく、歩いてみた。

 

 

 

西郷隆盛が生まれた場所

身を潜めた場所

終焉の地

眠っている墓

 

 

 

ミュージアムも、ゆっくり巡った。

 

 

 

一人旅で何が生まれるんだろう。

何を感じるんだろう。

寂しいだけで終わるのかな。

 

 

 

いま、帰りの新幹線の中。

一人旅で自分と向き合ってみて

客観的に観察してみて

感じたことを書いていく。

 

 

 

1つ、仕事が頭にあること

気づいたら仕事について妄想して

浮かんでは消える考えを繰り返してる

 

 

 

2つ、知世のことを考える

日が浅いから、「知世ときたら〜」

なんてことを考えている。

そして何より、

「別れない方がよかったのかな」

って迷っている自分が居た。

 

 

 

3つ、可能性をセーブする自分がいる

学生の頃なら「おれも!志を持つ!」

なんて考えてた自分。

今は「自分もこうあれたらな…」で

終わってしまってる。

 

 

 

4つ、人生の目的を探している

「自分が何を成し遂げたいか」

「どんな人間になりたいか」

「何を人生の目的にしているか」

ここが曖昧になっている。

だからこそ、迷いが生じている。

 

 

 

5つ、人としての自分を見つめなおすべき

仕事で突っ張っていることもあり、

私生活の自分も突っ張っている事に気づく。

敬天愛人の考えの様に、

「感謝の心を持ち、人を愛する」ことの

大切さを西郷隆盛の生涯に触れ、感じた。

 

 

 

どれだけ仕事ができても

人としての魅力の無い人間に

人はついて来ない。

 

 

 

人に愛されるために、人を愛することの

大切さを感じた。

一方で、目的達成のために

周りに厳しくなることは大切にすべき。

 

 

 

旅の終わりに、これまでの幕末志士の写真を

振り返っていると、高杉晋作が出てきた。

 

 

 

高杉晋作に憧れて、社会人になって

七三分けにしたことを思い出した。

 

 

 

おもしろくなき世をおもしろく

なすべしものは心なりけり

 

 

 

天候に左右されたこの旅でも

まさに上記のことを感じた。

 

 

 

幸せかどうか

判断するのは自分の心次第である。

客観的事実ではない。

 

 

 

最後に

喜怒哀楽の感情を大切にしたい。

齢を重ねれば重ねるほど、感情は薄れていく。

 

 

 

こだわりを失わない様に。

理想を失わない様に。

志を失った時、人は死ぬんじゃないだろうか。

別れのワケ

最近仕事が楽しくなった。

 

 

 

結果がある程度出るようになったから?

経験を積んで、動き方が少し分かるようになったから?

少しずつ、自分を出せる様になったから?

 

 

 

複雑な要因が色々と重なってはいると思うけど、仕事に行くことへのストレスは減ったと思う。

 

 

 

もっと仕事をしたいと思いながら退社するのは、大分ではあったけど、今の部署では最近もうやく始まったことだ。

 

 

 

成長のグラフがあるとすれば、急にフラットから上り階段になっているはずだ。

僕はいま上り階段にいるんだろうな。

 

 

 

この瞬間の、この感覚を大切にしたい。

いまこのチャンスを生かして、ドンドン動いていきたい。

いまはフルスイングしていいときなんだろうな。

 

 

 

知世と別れて、生活の環境をまた変えた。

自分自身の手で変えた。

「別れてよかった」って言える様に、「おれはこんな成長したよ」って言える様に、一生懸命に頑張ろう。

 

 

 

別れて初めて気づくことがある。

別れるとやっぱり孤独だ。

誰も自分のことを思ってくれる人が居なくなる気がして、独りになった気持ちに襲われる。

 

 

 

1年と10ヶ月付き合って、沢山喧嘩もしたし、思い出も沢山ある。

大分の思い出、富山の思い出、金沢の思い出、福岡の思い出、大阪の思い出、沖縄の思い出。

 

 

 

別れてみると、思い出の一つ一つが綺麗なものに見えてくる。

「別れないほうがよかったのかな」って思えてくる。

 

 

 

でも、別れるのを選択したのは自分。

別れを切り出したのも自分。

だから、自分から時計を巻き戻すことはしたらダメなんだろうなって思う。

 

 

 

知世と出会って、特に今年に入ってから、自分の人生について考えた。

特に結婚について、自分なりに深く考えてみた。

 

 

 

その結果、「環境を変えるべきだな」って結論に至った。

漠然としているけど、今より高い場所や理想の自分に近づくために「別れないとダメだな」って思った。

 

 

 

沢山の感謝がある。

今でも、最後に電話を切るときのあの顔が脳裏に焼き付いて離れない。

 

 

 

だけど、自分に、そして知世に胸を張れる様にするためにも、もっともっと自分を磨いて、デカくなりたいなって思う。

 

 

 

もう会うことも、言葉を交わすことも無いかも知れないけれど、心から幸せを祈ってる。

 

 

 

別れて、こんな気持ちになったのは初めてかもしれない。

こんな気持ちにしてくれて、どうもありがとう。見えないところで沢山支えてくれて、本当にありがとう。

 

 

 

頑張れ!おれも頑張るから。

Be a dryman

代理店の前で泪が落ちそうになった。

 

 

 

大分では絶対に落とさない様な泪だ。

 

 

 

自分が情けなく、弱く。

 

 

 

不甲斐なくて、落ちそうになった。

 

 

 

代理店に信頼されること。

一緒に一つの目標に向かって邁進すること。

喜びを分かち合うこと。

 

 

 

これこそ、代理店ビジネスの真骨頂であり、

やりがいであると考えていた。

 

 

 

いまのグループに来て、

相対するレイヤーが変わり、

その常識を考え直す時がきたと思う。

 

 

 

自分のミッションを

見失いそうになることがある。

 

 

 

自分のミッションとは

「数字を仕留めること」

である。

 

 

 

だけど、目が向いているのは、

さっきのやりがいの部分だ。

 

 

 

大阪での営業スタイルを知った。

山崎さんは大阪で仕事をしてきた。

キャリアとの仕事の仕方は違うはずだ。

 

 

 

馴れ合いじゃない。

如何にお互いの数字を仕留めるか。

それが企業対企業の関係。

所謂、ビジネスパートナーなんだと思う。

 

 

 

もっと数字に目を向ける。

もっと結果に目を向ける。

そのために何が必要か考える。

それだけを考えていく。

 

 

 

ドライは悪いことじゃない。

 

 

 

オリジナルな自分と

ビジネスマンとしての自分を区別していく。

 

 

 

忘れてはいけないのは

オリジナルな自分を失わないこと。

 

 

 

オリジナルな自分を

取り戻せる場所を作ること。

 

 

 

大丈夫。

俺は強い。

大阪UP!!

パートナー会議/接待

鹿児島天文館

大阪出張

 

という鬼のスケジュールが終わり、

ようやく少し落ち着いたかな。

こっから春商戦に入るんだけど。

 

 

 

昨日、GLに大阪を案内してもらった。

電車の中で、ふと、

「まさか大阪にGLと一緒にきて

色んなとこに案内してもらうなんて

思いもしなかったな」

と思った。

 

 

 

改めて、半年先や3ヶ月先が全く予想できない

会社に所属していること。

そして、今いる部署の可能性?を感じた。

 

 

 

GLが大阪にいる頃に仕事を

している方々と会った。

凄く楽しそうな表情を思い出す。

 

 

 

帰りの電車の中、

「涙流しながら仕事したこと」

「信頼関係がしっかりあること」

「本気で戦っていたこと」

を話してくれた。

 

 

 

その上で、自分のことを

評価してくれていることも

話してくれた。

 

 

 

「梯子外さへん」

「ケツもったる」

この言葉を心から信頼できる人だし、

この人に付いていきたいと思わされた。

 

 

 

懇親会の中で、GLが上司として

素晴らしい人であること。

それと同時に、しょうもない上司も

沢山出会うであろうことを教えられた。

 

 

 

大分に居た時も上司に恵まれたけど、

今もかなり恵まれていて。

こんな幸せなことってなかなか無いかもな

って実感した。

 

 

 

評価をもらうことがゴールではない。

人間を磨き続けることが大切だと思う。

だけど、適切な評価を貰えるということは

きっと幸せなことなんだと思う。

 

 

 

 

GLが上に居る時に、努力すべきなんだろな。

チャンスは今なのかもな。

 

 

 

チャンスを物に出来なければ、

次のチャンスはいつ来るかわからん。

勝負かけないかん時やろな。

 

 

 

気持ちがまとまっとらんけど、

とりあえずアウトプット。

 

タラレバ

広域Gにきてから、ずっと緊張状態が

続いている。

 

 

その理由に今日、ふと気づいた。

それは、常に最悪のケースを

考える癖があるということ。

 

 

もし、上手くいかなかったらどうしよう。

もし、断られたらどうしよう。

もし、怒られたらどうしよう。

 

 

交渉しないといけないこと、一つ一つに

こんな考えが浮かんでくる。

プレッシャーが身体を蝕む。

そう。高校野球をしていた時のように。

 

 

高校野球をしていた時、僕は試合で

思ったようなプレーが出来たことがなかった。

 

 

いつも失敗を恐れ、身体が固くなり

プレーも小さくなる。

 

 

準備は疎かにしてはいけない。

自分の最高のパフォーマンスを出すために

やれることは全てやる。

 

 

でも、自分がやることをやって

上手くいかなかった時。

その時は、その時で考えればいいと思う。

 

 

別に命を取られる訳ではないのだから。

何か責任を負う時、失敗した時の不安を

考えるのではなく、自分ができることを

整理して、行動に移す。

 

 

その結果、出た答えに後悔はしない。

反省しても後悔せず。

島田さんに言われちった

島田さんから久々に電話があった。

話すのは何年ぶりだろう。

 

 

なんで急に電話くれたのかはわからん。

でも、なんか大事なことを思い出すキッカケを

沢山くれた気がした。

 

 

島田さんがくれた言葉の中で

印象に残ったのが

「その時代のスターになれ」

「伊藤駿ここにありだろ?」

「凡人でいいのか?」

この3つだった。

 

 

先週木曜から金曜に、

初めて在庫押し込み商談をした。

いわゆるwin-loseの商談だ。

 

 

明らかに代理店から嫌な反応をされた。

それが凄くストレスだった。

 

 

なんでこんなにストレスを感じるのか。

その理由がわからなかった。

 

 

大分で拠点担当してた時は、

代理店との関係も良く、信頼関係も強かった。

今でも部長/店長さんが連絡をくれる。

そんな素敵な関係だ。

 

 

そこで結果を残せたからか。

僕は運良くいまの部署に呼ばれた。

周りからは時に「鳴物入りの入団」なんて

表現をされることもある。

 

 

でも、自分が思うように仕事ができてない。

思った通りにならない

なにをどうすればいいかわからない

といった方が適切な表現かもしれない。

 

 

その理由として考えていたのは、

「商談相手(レイヤー)が変わった」

「仕事内容に慣れてないから」

「周りとの人間関係構築ができてない」

この3つだった。

 

 

確かにどれも的外れではない。

でも、グループに入って4ヶ月が経っても

思うように仕事ができない

気持ちは変わらない。

当初原因だと思ってた3つは解決していた。

 

 

その次に心に浮かんだのが

「代理店と関係構築ができてない」

ということだ。

 

 

理由はなんだろう。

大分では受け入れて貰えたのに。

今の代理店では信頼関係ができてない。

時間軸の問題かな?

 

 

そんなことを心がループし始めて、

一つの結論に至った。

それは、

「自分が人間として好かれてないかも」

ということ。

 

 

そうすると、相手の顔色を伺うようになって。

「どうしたら、君達に受け入れて貰える?」

「もっと君達と上手くやりたいよ」

そんな不安が心を襲うようになった。

 

 

周りの先輩たちは、

代理店と上手くやってるように見えた。

だからこそ、

「なんで自分だけできないんだろう」

なんて考えるようになってしまった。

 

 

そこに島田さんから電話がきた。

 

 

「お前はそのままでいいんだよ」

「よく頑張っているよ」

そんな言葉を期待していた。

 

 

自信失った僕の心を癒し、満たしてくれる

そんな言葉を期待していたんだ。

今の自分を誰かに認めて欲しかった。

 

でも貰った言葉は

「その時代のスターになれ」
「伊藤駿ここにありだろ?」
「凡人でいいのか?」

だった。

 

 

最初、正直なところ

「休みの日にそんな話しないで」

「いまの僕じゃだめですか」

「そんなこと言われても、辛いだけ」

こんな思いに襲われた。

 

 

島田さんは沢山のきっかけをくれた。

明確な答えはなかった。

そして、電話を切った。

 

 

冷静になって、自分の中で一つ一つの言葉を

消化していって、二つのことに気がついた。

 

 

一つ目は、野心が消え失せてたこと。

新入社員の時

「誰にもまけんて」

「俺が一番強くなる」

「俺なら出来る」

こんな思いで、研修を受けてきた。

 

 

でも、大分に配属され、社会の厳しさを知り、

仕事の難しさを目の当たりにした。

自分の弱さをまざまざと見せつけられた。

 

 

その時からだ。

自分で自分を疑うようになったのは。

「伊藤駿ってやっぱりダメなやつなのかな」

「普通の人と比べて弱いんじゃないか」

 

 

そんな時、僕はいつも自分を守るべく

我武者羅に戦ってきた。

そして、今日という日まで勝利してきた。

 

 

自分が伊藤駿であることを誇るために。

自分を愛してくれる、大切な人のために。

 

 

そして、壁にぶつかる前よりも成長してきた。

 

 

二つ目は、結果を追うことをやめていたこと。

杵築のバックヤードで

「頑張るのではなく、結果を出す」

という言葉を見て、手帳に書いたことを

思い出す。

 

 

"自分で"数字をあげるという感覚から

遠のいていた。

 

 

タスクフォースが始まって以来、

目標は達成出来ないものというイメージが

染み付いてしまっていた。

 

 

つまり、僕は、弱くなっていた。

いや、自分を弱めていたんだと思う。

それは、

追い求めることを諦めたから。

努力をすることをやめたから。

自分の可能性を見限ったから。

 

 

「凡人でいいのか?」

島田さんの言葉が、少しずつ

自分を取り戻してくれる。

 

 

自分の中で、

「俺はお前より強い」

そんな自信が、今の代理店に対してなかった。

 

 

だから、僕は、代理店の顔色を伺っていた。

 

 

強くありたいと願う。

強くならないといけないと思う。

大切な人のために。

 

 

仕事から、目を背けることはできない。

眠れない日もあるだろう。

声が震える日もあるだろう。

自信を失う日もあるだろう。

 

 

だけど、僕は強くありたいと願う。

強くあるために、結果を出そう。

本当の戦いはこれからだ。

 

 

島田さんがくれた電話、そして言葉は

神様からのプレゼントだと思う。

僕をいつも見守ってくれている神様からの。

 

 

最後に。

僕は強い。

今までも道を開いてきた。

現状を甘んじて受け入れるな。

それは我慢じゃない。弱者だ。

道がなければこの手でつくる。

壁があるならこの手で壊す。

 

さぁ、やろう。