追記:失敗を恐れない

仕事やプライベート問わず、

自分が抱える案件に、

理想がないことに気づく。

 

 

 

理想がないから、周りや上司に

尊敬される程度、怒られない程度を考えて

そこに結果を合わせにいっている。

 

 

 

理想がないと、その仕事/行動の意味が

薄くなる。

また、ゴールが分からない分方向性も

定まってこない。

 

 

 

自分が向き合う事象/テーマに理想を持つ。

理想形は何かを考えることをしよう。

そうしないと、計画が生まれない。

 

 

 

夢なき者に理想なし。

理想なき者に計画なし。

計画なき者に実行なし。

実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし。

吉田松蔭

 

 

 

壁にぶつかった時、

過去の自分に支えられることが多い。

 

 

 

結局、自分だったら何とかする。

絶対に乗り越えてみせる。

と思っている。

 

 

 

現状に満足してないから悩んで

悩みがあるから課題を抽出して

課題を見つけて行動していく。

 

 

 

そして、それを繰り返すことで

成功に辿り着き、新しい自分に出会う。

新しい能力を手に入れることができる。

それを人は成長と呼ぶのだと思う。

 

 

 

だから悩みを悲観的に捉えることは勿体無い。

成功の、成長への第一歩だから。

 

 

 

悩みがある日は素晴らしい。

悩みがあるのは、向上心の裏返し。

意識して、自分を肯定してあげる。

 

 

 

この悩み、毎日の苦悩が1年後/5年後

自分の血肉となって自分を支えるのだろう。

そう思うと日々の苦しみにも意味が見出せる。

 

 

 

昨日の自分より、今日の自分が

今日の自分より、明日の自分が

1mmでも大きくなれていれば、マル。