2017年〜沢山種を蒔いた1年〜

2017年残り6時間ほどで終わる。

思い返せば、1年間色んなことがあった。

表すならば、「種を蒔いた1年」だった。

 

 

 

①色んな場所に出掛けた1年だった。

福井/鹿児島/屋久島/島根/しまなみ/山口

新しいものを沢山見た。

1人で旅をして色んなことを考えた。

 

 

 

②別れがあった。

彼女と別れた。

周りを見て、結婚について真剣に考えた。

周りと比較して、孤独を感じた。

 

 

 

③よく悩んだ

公私共によく悩んだ。

このままでいいのか、自分はどうあるべきか。

優しさとは何か。本当の恋とは何か。

よくよく考えた1年だった。

 

 

 

2016年を終えたときに、新しい景色を

見に行こうという目標を立てた。

自分の感情をより磨こうと思った。

 

 

 

2016年と比べて

新しい景色を沢山見たし、

自分と向き合う時間が長かった1年だった。

 

 

 

その中で、感じること。

それは、やっぱり自分は自分なんだと思う。

26年間生きてきた自分を曲げることは

できないと思っている。

 

 

 

というよりも、曲げる必要が全くない。

 

 

 

自分としての生き方をベースにおいて、

この色をどれだけ深く/綺麗にできるか。

そこに念頭をおいていけばいいと思う。

 

 

 

だから、心のままに。

自分の感性や感覚は大切に。

周りがどうあろうと、自分がありたい姿に。

そこは2018年も曲げずに行こう。

 

 

 

さて、2018年のテーマを考えた

〜躍動〜

①出会いと仲間を大切に

②技を増やす

③俺がやる。

これについて、話していきたい。

 

 

 

1.「躍動」について

躍動は2018年のタイトルだけど

その意味はいきいきと活動すること。

 

③つの大項目を成し遂げるベースには、

ポジティブに明るく元気に活動することが

大切であるということ。

 

そして2017年、沢山悩んだ分2018年は

いきいきと活動したいという思いを込めて

躍動というワードを選んだ。

 

 

 

2.①出会いと仲間を大切に

2017年は新しい場所に沢山行き、

見識を拡げた。

だから、2018年は新しい人の出会いから

見識を拡げたい。

という思いと

 

11月に親から「優しさ」について考えさせられた経験から、仲間を大切にするというテーマを立てた。

 

 

 

3.②技を増やす

野球に例えると、投球術や決め球を増やすということ。

 

自分の武器は、情熱というストレート。

これで沢山代理店/社内と戦ってきたけど、

進化するために、新しい技を身につけたい。

 

でも、軟投派や技巧派になるつもりはなく、

自分の本来の武器をより際立たせるために

新しい武器を身につけていきたいということ。

 

局面を読み、次の一手を考えたり

相手の2-3手先を読むことなど。

 

 

4.③俺がやる。

自分で自分の仕事に理想を持つこと。

その上で、大切にした仲間を巻き込んで

そいつらを幸せにすること。

 

どんなことでも、自分ゴト化し、考える。

自分でゴールをしっかり描く。

責任感を持って任された仕事に取り組む。

 

 

 

そんな感じかな。

ともかく、2017年も濃い1年だった。

色んなことを学んだ1年だった。

 

 

 

1年後、今日立てた目標を達成できたと

胸を張って言えるような1年になる様に。

2017年の苦しみが花開いたと言える様に。

 

 

 

さぁ、いざ2018年。