プロジェクトが終わって

最近あまり記事が書けていないから

とりあえず、思いつきで節目の記事を

書こうと思う。

 

 

 

先週金曜日に、プロジェクトが終わった。

3月に話を出され、4月頭から計画し

5月に実行に移したものだ。

 

 

 

1年間通じて、同じことを続けることは

仕事の中でなかなかないことで

貴重な体験をさせて貰ったと思う。

 

 

 

こんなきっかけを与えてくれた

GLには感謝したい。

一方でこの学びを同じ場面が来た時に

活かせるようにすることが大切だと思う。

 

 

 

学んだことは大きく分けて2つある。

1つが、如何に周りの人間を巻き込むかだ。

 

 

 

プロジェクトは、グループ全体を

巻き込むために行ったことだが、

事務Tや他のチャネルTに如何に興味を

持ってもらうかが難しかった。

 

 

遊び心を入れること

定期的に実績/報告の配信を行うこと

上を上手く使って浸透を図ること

 

 

 

こんなことがキーワードだったと思う。

また、参加していると感じてもらうために

選ばせ、こちらでコントロールするなんてこともした。

 

 

 

もう一つの学びがメンバーに仕事を振ること。

これがなかなか難しかった。

責任を与えないと自分ゴト化しないし、

任せすぎるとクオリティが落ちる気がする。

 

 

 

計画通り言っていない時に

どのようにして相手にハッパをかけるか。

どのようにして相手を動かすか。

 

 

 

それがかなり難しかったなと。

今年のテーマで、俺がやるというのを

掲げたけれど、全部を自分で背負いこむのは

難しいことを改めて痛感させられた。

 

 

 

若いうちからこんな経験を詰めたことを

嬉しく思いつつ、次の機会に活かしていきたい。

 

 

 

躍動