新体制

新体制になって3日目。
今朝は5:00に起きて、
いまは宮崎出張の飛行機の中。

 

 

 

3日終えて、感じていることを率直に書きたい。

 

 

 

1.数字の感覚の低下
広域から離れ、支店体制に戻り
大分時代を思い出している。
家族の様な、楽しく、温かい様な感じ。

 

ただ、広域時代の様な激しい毎日ではなく
勝負をしている感覚、数字を仕留める感覚が
全くと言っていいほど薄れている。

 

新体制になったばかりかもしれないが
このままでは広域で養った力を失いそうだ。
すごく不安である。

 

能動的に仕掛けないと、GLの様に
動機付けを高いレベルで求められない
可能性が高いことを懸念している。

 

 

 

2.後輩の存在
これまでのタテヨコの関係から
直属の後輩が自分の下についた。
女性だから気を遣うことは多いが、自分にとってはマネジメントの勉強になる。

 

まずは積極的にコミュニケーションを取り、
信頼関係を構築していきたいと考える。

 

また一方で、自分の代理店の関係者だから
幸せにしてやるという責任感を持ちたい。
そこも自分のモチベーションとしたい。

 

 

 

3.GLからのお言葉
広域最終日に、みんなで昼飯を食べた。
その際に言われた言葉を忘れない。
「これからが凄く楽しみ。支店に行った時、クオリティの違いを見せつけて、輝いてほしい」ということ。

 

 

 

広域で多くのことを経験し、
多くの失敗を積み重ね、
多くの学びがあった。

 

 

 

それをいまのグループという次のステージで
活かすことがいまのミッション。

 

 

 

例え上司がどうであろうと
周りの人間がどうであろうと
ありたい自分でいて、恩返しをしたい。

 

 


そんなことを考えている。

 

躍動