古い上司に会って

東京で全国担当者会議があった。

各支社の横並びの奴等を見て、刺激になった。

久々の本社で、ここで働いてるだなと。

 

 

 

先日蔵元さんと飲んだ時に、森下さんから

言われた言葉がある。

「出世したいなら、本部が一番早い」てこと。

 

 

 

それが自分の中ですごくリフレインしている。

最初誘われた時は、スタッフ部門は

率直には嫌だと思った。

 

 

 

だけど、営業としてはここ数年で色々と

学ばせて貰って、今期になって数字も

しっかり出ている中で、お腹いっぱいかなと。

 

 

 

次のステージとして、海外も考えてたけど

まずは本部に行って、自分の道を選べる様に

するってのもありかなとか思ってる。

 

 

 

いまの環境に不満は無いし、仕事もしやすい。

だけど、広域の頃と比較すると、難易度が

低くて刺激がない気がしている。

無いものねだりなんかな。

 

 

 

今日久々に下山さんとお会いして、

仕事の話をする中で、大分時代とは

レベルの違う話ができたことを

心から嬉しく思った。

 

 

 

自分が持たせて貰ってる業務を嬉しく思う。

天狗かも知らんけど、担当者の顔を見た時に

競争させられても勝てる様な気がした。

 

 

 

それだけ自信を持てるのは、広域の時間が

あったからだと改めて認識した。

 

 

 

あと全然別件だけど、周りと違う自分が

周りに合わせる必要が無いことを

再認識している。

 

 

 

自分は自分でいいし、

特別だからこそ孤独を感じるし、

全体最適をしようとは思わなくていい。

 

 

 

特別だからこそ、フォロワー達が居て

若い奴らとワイワイする機会は少なくても

こんな場で上の人達から可愛がって貰えるのは

とても幸せなことなんだって、強く思う。

 

 

 

そんな特別な自分をマジョリティに

合わせる必要なんてサラサラない。

 

 

 

ゆうじさんから貰った言葉の通り

周りが気にならん位の自信と個性を持って

これからも生きていこうと思う。

 

 

 

九州での仕事の時間が少しずつゴールに

近づきつつある。

その瞬間が来るとき、自分は笑えるだろうか。

胸を張って、次のステージに行けるかな。

 

 

 

限られた時間の中で、自分を信じて

一瞬一瞬を大切に、そして全力で戦える様に

これからも頑張って行こう。

 

 

 

躍動