次の挑戦に向けて

ユダヤ人大富豪の教えの中に

こんなフレーズがあった。

「過去に達成した目標/未達成だった

目標を振り返ってみる」という内容。

 

 

 

何となく興味が湧いたので、振り返ってみた。

 

◆達成したこと

中学野球部 背番号7

高校野球部 背番号3

明治大学合格

大石ゼミ合格

オープンキャンパストークライブ成功

明大祭トークライブ成功

明大祭参加団体局長 肩組んで校歌成功

松野さんCSA優勝

パーク中規模イベント成功

社員時の8点評価獲得

TOEIC845点

トライアスロン完走

 


◆未達成だったこと

高校受験失敗

高校野球引退試合出られず

就活オリエンタルランド行けず

下山さん退任時のイベント失敗

 

 

 

振り返ってみると、思ったよりも

1.目標達成した内容が小さいこと

2.失敗の数が少ないこと

に気付かされた。

 

 

 

振り返ってみると、等身大の自分に合わせた

目標設定にしていた様な気がする。

 

 

 

本当にやりたいことではなく

実現可能性を踏まえた上で

現実的な目標設定にしてたんだろうな。

 

 

 

理由は、

・自分には難しいだろうって思い込み

・未達成だった時の悔しさリスク

の2点が考えられるんだと思う。

 

 

 

あとは、社会人になってから

日々一生懸命に戦ってきたけど

大きな夢を持ってとか、目標持ってってのが

無かったんだなーと改めて思った。

 

 

 

来年はチャレンジで、人生の分岐点の一つ。

折角のチャンスだから、

「ニューヨークに住みたい」って思いは

主張できる準備をしたいと思う。

 

 

 

最近までも無理矢理実現可能性の高い

ミャンマーを希望しようかとか

考えていたわけで、それは良くないって

改めて思った。

 

 

 

社長との意見交換会

もっとチャレンジすべきだし、

自分のいる業界はこの先夢のある業界だと

感じた。

 

 

 

別に失敗して元々でしょ。

それに失敗して、

それ引きずるタイプじゃないよね?笑

ってことで、いざニューヨーク。

 

 

 

躍動