平常心 自分の強さをコントロールする。

3月に入った。

2月から続いている実績不振から

抜け出せていない自分の存在がある。

 

 

 

2月の中旬から、代理店には拳を

振りかざし続けている。

だけど、動かない。

 

 

 

自分の圧力が足りないから。

そう思い、更に拳を振りかざす。

だけど、動かない。

 

 

 

最大勝負の3月に結果を残せない。

支社の中の立ち位置が年度で1番悪い。

情けなく、悔しく、周りにあたってしまう。

 

 

 

自分の行動が、代理店の行動に

繋がっていないことに、

更にもどかしさを感じていく。

 

 

 

そんな負のスパイラルに陥り、

仕事に向き合うことが億劫になる自分がいた。

こんな自分を認めたくない自分もいた。

 

 

 

更に、代理店からの求心力が

離れていることも自分なりに

気づき始めていた。

 

 

 

自分は、立場/役回りがあるとはいえ、

ただの文句言いになってしまっている。

そんな感覚に薄々気付きながらも

恐怖から自分の行動を変えられない。

 

 

 

苦しい。辛い。厳しい。

そんな言葉が自分の口から発せられ

どんどん負のスパイラルに陥っていく。

 

 

 

そんな3月の状況の中で、湯布院を訪れた。

無意識に心身共に疲弊していたことに

平穏な時間が気づかせる。

 

 

 

夢想園に訪れ、風呂に入る。

大分支店時代の自分を思い出す。

広域時代の自分を思い出す。

 

 

13:00時点の実績を見て

構成比が悪いことを知り、心がザラつく。

自分への怒り/不安の感情が心を支配する。

 

 

 

「仕事に囚われすぎてしまっている」

「人生は仕事だけじゃない、今のこの瞬間を

心から楽しもう」

そんな思いからそっと目を閉じてみる。

 

 

 

心を無意識に保ち、ザラついた感情を

取り払っていく。

心をフラットに保つことを意識する。

 

 

 

ひょんなことからした瞑想の行動で

大切なことを感じ取れた気がした。

それを記す。

 

 

 

1.心をフラットに保つ

感情に支配されず、冷静な判断が出来る様に、

不安、心配、悩みといった

心のザラつき(負の感情)を取り除く。

 

 


2.向き合っている悩みについて

時間が経てば、今の悩みは

大したことじゃない。

4月が来れば、今の悩みは

大した悩みではなくなる。

 

土方が言った、腹が痛いのも

親が死ねば忘れてしまうことと同じ。

 

 

 

3.Play hardの心持ち

自分という人間が、こんなにagainstな環境を

持てる機会は少ない。

 

 

 

悲観ばかりせず、その中で何を学ぶか。

未来の自分にどの様に活かせるのかを考える。

この苦しみ/悩みの時間は成長の過程。

目の前の成果には囚われないこと。

 

 

 

大谷翔平がメジャー挑戦した時のように、

自分をもっと信じてみる。

自分の能力を可能性を

もっともっと信じてみる。

 

 


とことん悩み抜いて、考えれば、知恵がでる。

人生にとっての糧になる。

こんな苦しい思いを経験した自分と

そうでない自分では、

最終的な着地点が大きく変わってくる。

 


研修で学んだハイパフォーマー

共通点はポジ:ネガが3:1。

その感覚をいま体にしみつけていく。

 

 

 

4.自分の強みを更に磨く

自分の強さは闘志を剥き出しにして

相手が誰であろうと戦えること。

 

 

 

ただ、それはただの文句言いではなく

相手との信頼関係が築かれてこそ生きる。

そして、自分自身でコントロールすることで

生きるもの。

 

 

 

ただ感情に振り回されて、使うものではない。

 

 

 

自分でその引き出しを使える様にするために

常に心の状態をフラットに保つ。

心のザラつきを取り払う。

 

 

 

そんなことに気付かされた一日だった。

これは、大きな成長だと思う。

そして、自分が悩み抜いたからこそ

辿り着いた山の頂上だと思う。

 

 

 

心から自分を褒めてあげたい。

明日から行動を変え、戦い抜く。

 

 

 

Play hard wiz beaming smile.