Reflection:5月

遅くなったけれど、5月を振り返る。

5月も色んなことがあった。

 

 

 

「忙しかった」「大変だった」なんて言葉は

発するとネガティブの様だし、陳腐だな。

でも逆発想で言うならば、変化や刺激が

多くあるということ。

 

 

 

沖縄に行って、改めて自分というものを

取り戻した。

 

上司との人間関係に自分なりに悩みながら

気にしないというマインドで突き進んだ。

 

関係が全く出来ていない部内の幹部と

代理店訪問や、ミーティングをした。

 

絶対に無理だと諦めていた状況から

1月ぶりに実績を仕留めることができた。

 

 

 

本当に刺激的な1ヶ月だった。

 

 

 

それと共に、今の自分に

納得ができていないことに

改めて気づいて、「なんでだろう?」なんて

自問自答を繰り返した1ヶ月でもあった。

 

 

 

敢えて。敢えてだけど自分を褒めるとすれば

「折れることがなかった」ということ。

 

 

 

2-3月に担当から外される様な経験があって

これまでのやり方が通用しないことに気づいて

「いままでやってきたことは何だったのか」

なんて悩んでいる中で、

一筋の光をくれたのは、いまの上司だ。

 

 

 

おれは、いまの仕事を

「やらせてもらってる」

そう捉えると、どんな環境でも

戦わないといけないって思える。

 

 

 

沢山の素晴らしい実績/経験もある。

 

 

 

だけど、いまの自分を支えているもの。

それは、途方も無い暗闇の中で

誰からも助けて貰えないと思った

3月の経験が自分を支えていると思った。

 

 

 

どれだけ馬鹿にされたとしても

どれだけ無力さを痛感させられても

あの経験から比較すれば、今は楽だ。

 

 

 

眠れないほど悩んで、

誰にも相談できなくて、

孤独で仕方がなかったあの時間が

いまの自分を支えている。

 

 

 

だから、1日1日昨日の自分を超えていく。

1日1日、戦っていく。

 

 

 

時間は繰り返される。

現在の自分を認められない自分に気づいて

なんとか抜け出したいと思って

行動を変えていく。

そんな経験が、

今までも自分を成長させてきた。

 

 

 

すぐに結果は出ないかもしれない。

だけど、成功に囚われない。

成長に囚われる。

 

 

 

5月を終えた自分は、4月を終えた自分より

絶対に成長していると思う。

それは嘘偽りなく、心から言える。

 

 

 

6月を終えた時、自分は

どんな人間になっているんだろう。

それを楽しみに。

6月も頑張っていきたい。

 

 

 

play hard wiz beaming smile.