読書:人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっている

成功者は成功する確率が高い。1度成功することで、実力以上の力に見え、投資家や優秀な人材が集まりやすい。

 

学生は運よりも実力の占める割合が高いが、社会人は仕事の不確実性が高いため、運と錯覚資産の占める割合が高い。

 

1回成功する→周りが自身の実力以上に優れていると錯覚する(ハロー効果)→更に成功する機会が与えられる→周りが…の繰り返し。

 

小さな成功を得て、小さなハロー効果を得る。それを積み重ねていく。その確変に入るまでは、色んなことに手を挙げて試行回数を増やす。

 

人は何故運を直感的に信じないか。それはコントロールできないから。努力やスキルはコントロールできる。だからそれを理由にしたがる。実際は運がほとんどなのに。

 

錯覚資産=錯覚のし易さ×アピール

PVとCVRを意識する。CVRの低いうちはPVを高めることを嫌う。しかし自己啓発スキルアップするより、PVを高めていくほうが効率がいい。それは良い環境を手に入れることができるから。

 

CVRは1/10でもPVが10倍なら、CVR10倍の人間とトントンになれる。実力が低いうちでもあちこちに自分を売り込んでいく。これは時間という資源を、PVかCVRかどちらに投資していくかという戦略

 

自分より相手のスキルが高い場合、その人間を使って自分が利益を得る方法を考える。常にチャンスがきたら、他の人の優れたスキルを利用してやると待ち構えておく。

 

感情は大切。どんなに良いものでも嫌われていれば大したことないと思われる。逆に好かれていれば素晴らしいと思われるのだ

読書:1分自己肯定感

大変なことがあるのも仕事ですから

嬉しいことがあるのも仕事ですから

忙しいのも仕事ですから

充実感が得られるのも仕事ですから

仕事のできる人、できない人と関わるのも、仕事ですから

私が仕事を頑張れるのは仕事が好きですから

 

・「仕事ですから」をキーワードに心をフラットな状態に保っている

 

・ネガティブな感情を数値化する。過去最悪の記憶を10としたときに今が幾つか把握し、過剰な思い込みを防ぐ

 

・コンプレックスをなくす、克服するのではなく、認めた上でうまくいくための対策を練る。コンプレックスに自分の心を支配させない。

 

・ラッキーメモ習慣。ここ1年の出来事で達成したこと、嬉しかったこと、ラッキーだったことを書き出す。1分でいい。

 

・10年後の自分を想像し、今の自分にアドバイスをする。そうすることで、今の辛い時間にも意味を持たすことができる。

 

・スリーグッドシングス・テクニック。1日の終わりやリラックスできる時間に、今日よかったことを3つ書き出す。セレンディピティを育てる。

 

・if-thenプランニングで変化を嫌う脳の特性を乗り越えて、行動に移していく。

 

・自分の行動を思い切り賞賛する。自分を尊敬する。

 

・睡眠の質は22時から2時の間に深い眠りに落ちているかどうかで決まる。

 

・食事はメンタルに大きな影響を与えている。地中海食がいい。

野菜を多く摂る/脂肪はオーブオイル等から/タンパク質は魚介類を中心にする/チーズヨーグルトの摂取/肉は鶏肉を多めに。

 

・食事日記をつけるといい。

 

・ルーティー

▼朝起きたら30分散歩。神社で感謝の気持ちを。

▼朝、親にLINEする。

▼散歩から帰宅したら朝食を摂る

▼昼休みの時間に5kmランニング

▼それ以外にも散歩をし、日々1万歩あるく

▼風呂上りに筋膜リリースする

▼眠る前に読書する

▼休日のAMに家を掃除

 

・うまくいっている人たちは時間をやりくりし、常に何かをまなんでいる。なぜならかけた時間以上のリターンが存在するから

 

・結果を出せる人は、どんな時も具体的に自分がすべきことを言える。うまくいかない人ほどみている将来が抽象的。

 

 

読書:脳を最適化すれば能力は2倍になる

1.ドーパミン

10年後の自分を想像するより、目先の小さな目標達成を積み重ねる方が、大きな目標にたどり着きやすい。目標設定と達成の時にドーパミンは分泌されるから。

 

目標達成を具体的にイメージする。具体的なイメージを描ける=マイルストンが設定できる。

 

目標達成したら自分にご褒美を与える。そうすることがモチベーションへつながる。

 

次なる目標を設定し続ける。目標設定することでドーパミンが分泌し、次の高みへと上ることができる。

 

ドーパミン仕事術

目標設定→目標達成イメージ→目標を繰り返し確認→楽しみながら実行→目標達成でご褒美→すぐに高い目標設定

 

脳はチャレンジを好みます。チャレンジして、達成して、幸福になります。チャレンジをやめた時点で、モチベーションは失われドーパミンが出なくなる。

 

自分の能力を伸ばし、新しい可能性を広げるチャレンジの過程に人間は、幸せを感じる。努力の階段を登り続けている今が一番幸せなのです。

 

2.ノルアドレナリン

闘争と逃走を呼び起こす。ストレスを感じた際に闘うにしろ逃げるしろ準備できるように脳がする。

 

なにか仕事をする場合、漠然と取り組まないこと。期間や時間を限定することで効率をアップできる。

 

ノルアドレナリン型モチベーション:恐怖を回避する為に頑張る。短期型。

ドーパミン型モチベーション:褒められる為に頑張る。長期型。

 

やりたくない仕事のこなしかた

ノルアドレナリンを使って一気に片付ける

・不快な中に快を見つける

・自分にご褒美を与えて快にする

・不快な仕事を断る

 

仕事が終わった夜の時間や休日は、思いっきり休む/遊ぶ。そうすることでノルアドレナリンの垂れ流しを防ぎ、うつ病にならないようにする。

 

3.アドレナリン

休息を意識する。健康があって初めて仕事ができる。なんもしないボーッとした時間を過ごし、アドレナリンを抑えることは大切なこと。

 

アドレナリンがでてドキドキすることは、脳と身体が臨戦態勢にあるということ。いつも以上のパフォーマンスを出せる、成功する予兆。

 

脳はブドウ糖をほぼ唯一の栄養源としている。低血糖になると、脳は機能低下を起こす。空腹のまま残業すると、低血糖による農の活動低下とアドレナリンによる苛々効果のダブルパンチで仕事効率を低下させる

 

4.セロトニン

朝起きてからの2-3時間は脳のゴールデンタイムとなり、1日で一番物事がはかどる時間。

 

5.アセチルコリン

やる気が出ないなら、とりあえず始めるが脳のモチベーションとしては最適

 

30分の昼寝で34%もパフォーマンスは改善される

 

新しい道、店、メニューがアセチルコリンを分泌させ、記憶力/ひらめきを活性化する

 

午前に向く作業:論理性/緻密/決断

午後に向く作業:想像/創造

 

6.エンドルフィン

脳内麻薬。多幸感に包まれ癒し効果がある。α波が出ることで分泌される。

 

α波が出る行動

クラシック音楽/綺麗な景色をみる/美味しいもの/心地よい風/いい香りわや嗅いだ時/目をとします安静にしらリラックス/瞑想、ヨガ、座禅

 

次に何をやろうという疑問が一番集中を妨げる。やるべきことを明確にして、流れるように作業に没頭することが大切。

環境の変化

ダーウィンの有名な言葉がある。

「この世に生き残る生物は、激しい変化にいち早く対応できたもの」

そんな言葉を今自分に問われている様な気がしている。

 

 

 

9/17の全体部会で下期の体制発表があった際に

自分のプロジェクトは他のグループの担務となっていた。

元々覚悟はしていたが、こころからふっと力が抜ける感覚を感じた。

 

 

 

自分が変わるチャンスが消えてなくなったようで

どこか切なく、悲しい気持ちになった。

 

 

 

その翌日に、GLから実は自分が担務ごと

他のグループに異動する予定だったこと

そして1ヶ月間はレンタルで他のグループに異動することを告げられた。

 

 

 

環境が変わること、そして異動に際しては求められたことに

興奮と喜びが入り混じった気持ちになった。

しかし、それと同時に不安に襲われたのも事実である。

 

 

 

支えてくれた人たちがプロジェクトから離れる中で

果たして自分はこのプロジェクトを完遂できるのだろうか。

そんな不安に襲われたのである。

 

 

 

不安の理由は沢山あるが、きっと周りの人たちは

自分の能力を買いかぶっているのではないかということである。

実はできない自分がバレてしまうことが怖いのだ。

 

 

 

この環境で仕事ができることは、自分にとって大きなチャンスでもある。

適応するデメリットが発生する一方、優秀な上司、先輩に囲まれることで

プロジェクトの成功確度が上がるということだ。

 

 

 

この事実をどの様に捉えるか。

後ろ向きなのか、前向きに捉えるのか。それは自分次第なのだ。

但し、成功者の共通点はこの環境を前向きに捉えているということだ。

 

 

 

考えれば考えるほど怖い。怖い。怖い。

知らない環境、人に囲まれながら難しい仕事をするんだ。

そりゃあ怖い。

 

 

 

だけど、その一方で一つ思っていることがある。

「きっとなんとかなる」ということだ。

今まで自分はどんな環境でもなんとかしてきた。

 

 

 

自分なりにもがき、解決策を見出して適応してきたんだ。

きっとなんとかなる。

そんな根拠のない自信が今の自分を支えているのかな。

 

 

 

これから先も大なり小なり、環境は変わり続けるだろう。

変化を恐れず、何かを掴み自分を成長させるチャンスとしたい。

目の前のことに燃焼し、結果を出していきたいな。

 

 

 

I WILL. Life is mine.

おかんとの時間

9月の4連休に名古屋に帰った。

昨年末以来行けていない墓参りと、おかんと旅行をするために帰った。

元々は帰るつもりはなかった。

今回帰るきっかけをくれたのはまなだった。

 

 

 

盆に沖縄に行った時に、おかんとやりとりをしている自分を見てか

4連休に帰るべきだと提案をしてくれた。

そんなきっかけから帰ることが決まった。

 

 

 

久しぶりに顔を合わせて、墓参りのあとに

秋の始まりを告げる涼しい風を浴びてコーヒーを飲みながら

他愛もない話をした。

 

 

 

京都は幸いにも天候に恵まれて、いろんな場所に行けた。

壬生寺三十三間堂平等院鳳凰堂etc...

仏像を拝むよりももっと大切なことがあった。

それは親と会話をするということである。

 

 

 

移動中、寺社仏閣の拝観中、食事中、

あれだけ親と会話をしたのはいつぶりだろう。

それくらいよく会話をしたように思った。

 

 

いつからあれだけ愚痴っぽくなったのだろう。

いつから接することが難しいと思う様になったのだろう。

いつから煩わしさを心に覚えるようになったのだろう。

 

 

 

きっと一緒にいない時間の中で、愛を受けていない

彼女の心は少しばかり荒んでしまったのかな。

もしくは、自分が冷たい人間になってしまったのだろうか。

 

 

 

僕らは離れて生活している。

東京と名古屋で離れて、もう12年になる。

そりゃお互いに分かり合えない部分も沢山あるだろう。

生活リズムが違うから、ストレスを感じることもあるだろう。

 

 

 

だけど、今年60歳を迎える彼女のわがままを

いつまで聞いてあげれるだろう。

いつまで思い出を一緒に作ることができるだろう。

 

 

そんなことを思うと、一緒にいる時間を

もっと大切にすべきなのだろうと感じた。

せめて、普段一緒にいてあげられない分、

行きたい場所に付き合ってあげるほどの余裕はもたないと反省した。

 

 

 

親がいなくなって、初めて人は親のありがたみを再認識し

親孝行できなかったことを後悔するのだろう。

時間は限られている。それを認識した上で、次自分が何をすべきか。

 

 

 

I WILL. Life is mine.

将来と今。お金のこと。

コロナで自粛生活が続いたこと

そして2年連続で給与が増えたこともあり、

過去と比較し、生活資金に少し余裕が出てきている。

 

 

 

4年目や5年目のおれといえば、忘れもしない。

月をへるごとに、お金が口座から減っていて

ぎりぎりボーナスで食いつないでいた。

 

 

 

それだけ資本をいろんな箇所に分散投資してしまっていたのだろう。

分散投資ならまだいい。

目的のない、浪費だったように思う。

 

 

 

先日曽我さんと話をした。

iDecoや積立てNISAについて教えてもらった。

これを知っているかいないかで、生涯資産が大きく変わることを感じた。

 

 

 

先日ちくまると下北沢であって、投資の話を聞いた。

「わからんでいいから、ともかく始める」

「時間が減っていくことの方がリスク」

その通りだと思った。

 

 

 

だから行動に移した。

勉強すればするほど、投資をしている人の気持ちや理由がわかった。

まだ少しだけど、行動に移すことができてよかったと感じている。

 

 

 

一方で、思うことがある。

それは、お金はその人の人生を充実させるツールであるということ。

死ぬ時に一番お金を持っていても仕方ないということだ。

 

 

 

おれも30歳になる。

少し時間が経てば、結婚もするだろう。

だとすれば、自分がやりたいことができる時間は限られている。

 

 

 

いってもおれはまだ若い。

将来のことを考えることも大切だが、先ばかりみて

いまの時間を充実させないのはもったいない。

 

 

 

お金は金額で増減がわかる。

でも幸福度は自分での価値観で増減させるもの。

行きたいところへ行き、欲しいものを買い、大切な人を幸せにする。

それがお金の力なんだと思う。

 

 

 

あとはなりたい自分になるための投資手段。

お金の使い方はその人の人生が反映されるのだろうな。

そんな学びがあった。

 

 

 

I WILL. Life is mine.

 

8月を振り返る

気がつけば8月が終わった。

今年も夏が終わった。

祭りもなく、花火もなく、甲子園がない夏休みは

どこか物悲しく、本当に夏が来ていたのかと感じさせるくらいだ。

 

 

 

仕事では、何もないところから仕様書を書いたり

機能を考えたり、充実した1ヶ月間だった。

そして自分自身の強みが、論理性や知識ではなく

根性や周りを巻き込む泥臭さにあることに気付かされた。

 

 

 

残業時間も45時間に収めたことで、自分の時間を作ることができた。

残業削減当初は、周りからの雑音もあったが

時間が経てば人間は慣れるものである。

周りからの雑音も自然となくなる。

 

 

 

自分の時間ができたことで、本を読んだり

投資等勉強したいことを勉強できる時間が増えて

自分の人生の視野が拡がり潤った様に感じる。

 

 

 

仕事もさることながら、沖縄に帰ったことが大きかった。

外に出ることや、人に会うことに億劫さを感じていた自分を痛感させられた。

もっと人と会話して、自分の価値観を磨きたい。

 

 

 

人と会話することで自分が気づかない

自分に出会えることを知った。

そして弱くなっている自分を感じた。

 

 

 

そこから目を背けず、受け入れて、

行動に移そうとしている自分を嬉しく思う。

そうやって人は強くなっていくのだと思う。

 

 

 

今は仕事に追われながらも、自分にしかできないこと。

自分が大きなことを主体的にやっていることで、充実を感じる。

ただ、私生活とのバランスは整備しないといけない。

 

 

 

4月と同じことを繰り返していれば、きっと心と体は壊れてしまう。

その経験があるからこそ、私生活の時間というものを

大切にしていく。勇気を持って。

 

 

 

早いもので、今期もあと15日ほどで終わる。

今期が終われば東京に来て1年。今の部署で働いて1年になる。

たった1年に思うかもしれない。

でも自分にはよく1年頑張ったと声を掛けてやりたい。

 

 

 

この1年は、営業の時の1年とは違う1年。

新しい波に飲み込まれ、適応しようと試みた1年。

営業に戻りたい自分と、戻ってはいけない自分がせめぎ合いながら

なんとかやり切った1年。

 

 

 

毎日の仕事を終えて、翌日、また終えること。

それが当たり前じゃないことを知った数ヶ月だった。

振り返るとそう思う。

 

 

 

今だから言えることかもしれないが

30歳を迎える前に、この体験ができてよかった。

仕事に対しての価値観が変わる体験をしたおれは強い。

 

 

 

今期も残り15日ほど。

29歳も1ヶ月半ほど。

やり残したことはないか。終わった時に笑える様に、あと少し。

 

 

 

I WILL. Life is mine.