March.

3月が終わった。 それと同時に社会人8年目が終わったことになるが、 3月にフォーカスして書いていきたいと思う。 3月にチャレンジできたこと ・醍醐寺の桜を見れた ・ブログを始めた ・転職活動を始めた こんなことが大きいだろうか。 醍醐寺の桜は、バケッ…

社会人8年目を終えて

社会人8年目のシーズンが終わった。 8年か。義務教育で言えば、中学から大学2年まで終えたことを意味する。 とても長い様で、でもあっという間の8年間だったな。 社会人8年目はどんな1年だったかと言われれば、一言で言い表すことができない。 それくらい大…

京都旅行を終えて感じること

3/26~28の間、母と京都に行ってきた。 父親との関係性にストレスを感じているだろうから 様子が気になっていた。 京都駅で再開すると、いつも通りの笑顔ですぐに安心した。 そこからいつものように、いろんな場所へ行き桜を楽しんだ。 今回の旅を通じて色々…

新体制の発表

3/11に新体制が発表された。 上司が変わり、メンバーもガラッと一新されるため不安がある。 また一方で、希望が持てる体制でもあった。 希望が持てる点としては、グループリーダーとチームリーダーが 今よりイケているということである。 簡単に言えば、コミ…

February.

2月は転機があった。 2/11にしたちくちゃんとの会話である。 あいつの生き方にはヒントを多くもらえる。 具体的には、0秒思考やれって話とWBSを見ろって話。 0秒思考はすぐに買って、WBSもすぐに登録してみた。 もうすぐ電話してから1ヶ月が経つけど、まだ継…

やりたいことの見つけ方

またちくちゃんにきっかけを貰って、0秒思考の一環として やりたいことの見つけ方というものをこの週末にやってみた。 内容的に面白かったため、サマリだけでもここに書き記したい。 まずは、価値観。 「大きな目標・志を達成するために、挑戦と努力を行い、…

副業に対しての考え方

副業に対して、ポジティブに取り組みきれないのは 副業の目的と目標が明確になっていないからである。 ある程度副業というものを体験できたことで、次のステップとして 目標と目的に目を向けるフェーズがきたということである。 副業に時間をとっている目的…

今の仕事の不満点と向き合い方

ゼロ秒思考を行うことで、改めて何に不満を感じ 日々をどうアクションすべきかが明確になった様に感じる。 これは本当にいい傾向だと思う。 今の仕事に対しての不満は ・SとKが下の人間に対し高圧的であり、嫌いであるということ ・部内全体が責任逃れ体質(…

自分がまだまだだったって話

ここ数日で、ちくちゃんと曽我さんと連絡を取る機会があった。 二人とコミュニケーションして感じたことは、 「自分まだまだへぼいぞ」ってこと。 まずは曽我さん。 資産額を見て驚愕した。今の資産額は3750万。 35歳までに3億を目指し、40歳までに7億を目指…

月曜を迎えるにあたっての不安な感情と答え

参考までに記録ね。 結論、俺は大丈夫だってこと。 今のままでいいし、怖いもんは特にないよってこと。 ってか今思えばよく新入社員時代を乗り越えられたな〜 あん時と比べれば、潜ってきた修羅場の数が違う訳で 何とかするやろってこと。 「いつ今の部署ク…

たかおと話をして。

まなのおじいちゃんの不幸の関係で、 久しぶりに3日間ほど連続で家にいた。 残業時間も残り少なくなってきている都合上、 自分の余暇の時間というものができている。 仕事は楽になった訳じゃない。 企画職ならではの調整事が多く、事実、人間関係にストレス…

January.

今日で1月が終わる。 2021年になって、1ヶ月が過ぎた。 この1ヶ月は31日間という捉え方で長い1ヶ月間だった。 初めて実家で正月を迎え、親と色々と会話できたこと。 社内公募の面接があったこと。副業への挑戦をはじめたこと。 まなの祖父に不幸があったこと…

2021年 挑戦者

遅くなったが、2021年のスローガンを決めたい。 それは「挑戦者」というスローガン。 ここに込めた意味というのを簡単に書き記していきたい。 最近感じること、それは変化を嫌っているということだ。 現状から変わることが怖い。リスクを冒すことが怖い。 幼…

2021年に入って

2021年に入って、早いものでもう18日が過ぎた。 少しずつ環境が変化していることもあり、 今感じていることをここに記したいと思う。 先々週の土曜日に、社内公募の面談が終わった。 想定した内容よりもシンプルであったというのが率直な感想だが 自分なりに…

2020年を終えて

いま名古屋からの帰りの新幹線の中にいる。 遅くなったが、2020年を振り返る。 1年の日記を読みながら、振り返ると1年で色々あったなと思う。 トピックスは下記の通り ・仕事で病みそうになり、大切なものに気づけたこと ・最短KHの達成 ・仕事に自信を取り…

年の瀬

もうすぐ2020年が終わる。 今年はテレワークが続いているからか、年末である実感が少ない。 年末に上司と一緒にカレンダーを持って代理店に挨拶に行き、 忘年会をこなしていた時期が懐かしい。 テレワークとなり、リアルで人と接する機会が減少した。 メリッ…

社内公募

今年から、SCAPがなくなった。 その人事連絡とともに、12月に社内公募が展開される旨の記載があり 毎日人事連絡を見ていた。 12月8日に公募の案内があった。 驚きと興奮で心臓が高鳴りながらページを開くと 自分の目の中に無意識に飛び込んできた部があった…

11月を振り返る

11月を振り返りたい。 11月はよく遊んだ、そんな1ヶ月だったと記憶している。 石垣島、函館。 まなとも親とも旅行することができて、 いろんなことを考えることができたように思う。 日頃、業務に追われることがどうしても多くて なかなか自分自身と向き合え…

ヤマ

11/11無事に投資検討会を通過した。 10月の後半から毎日資料作成に追われ、約15回の資料修正を重ねた。 一つヤマを超えた実感がそこにあった。 昨日仕事を終えて、まなの家へ向かって本社から歩いた。 約30分強の時間、秋の気候とマッチして爽やかな気分だっ…

石垣島の旅

いま振り返れば、充実した5日間だった。 5日間、朝から晩まで遊び続けた。 忘れないうちに、心に残った3つの瞬間というのを記したい。 1.雄太、友紀との時間 ふとしたことをきっかけに小浜島にステイすることになった。 離島は、余計な物が全くない。 むし…

10月を振り返る

今になって思うと、プライベートも仕事でも 非常に充実した1ヶ月間であった様に感じる。 プライベートでは、いろんな場所へ旅行へ行った。 軽井沢、仙台、そして石垣島。 まなともおかんとも旅行に行けたことが良かったと感じている。 旅行においては、新た…

9月を振り返る

かなり時間が経ってしまったので、 9月を振り返るのは簡単にしようと思う。 9月、感じたことは大きく2つある。 1つ目。おかんとの時間。 別記事でも書いたが、9月に京都旅行に一緒に行った。 その帰り道に、なぜか涙がこみ上げてきた。 理由は分からない。 …

読書:人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっている

成功者は成功する確率が高い。1度成功することで、実力以上の力に見え、投資家や優秀な人材が集まりやすい。 学生は運よりも実力の占める割合が高いが、社会人は仕事の不確実性が高いため、運と錯覚資産の占める割合が高い。 1回成功する→周りが自身の実力以…

読書:1分自己肯定感

大変なことがあるのも仕事ですから 嬉しいことがあるのも仕事ですから 忙しいのも仕事ですから 充実感が得られるのも仕事ですから 仕事のできる人、できない人と関わるのも、仕事ですから 私が仕事を頑張れるのは仕事が好きですから ・「仕事ですから」をキ…

読書:脳を最適化すれば能力は2倍になる

1.ドーパミン 10年後の自分を想像するより、目先の小さな目標達成を積み重ねる方が、大きな目標にたどり着きやすい。目標設定と達成の時にドーパミンは分泌されるから。 目標達成を具体的にイメージする。具体的なイメージを描ける=マイルストンが設定できる…

環境の変化

ダーウィンの有名な言葉がある。 「この世に生き残る生物は、激しい変化にいち早く対応できたもの」 そんな言葉を今自分に問われている様な気がしている。 9/17の全体部会で下期の体制発表があった際に 自分のプロジェクトは他のグループの担務となっていた…

おかんとの時間

9月の4連休に名古屋に帰った。 昨年末以来行けていない墓参りと、おかんと旅行をするために帰った。 元々は帰るつもりはなかった。 今回帰るきっかけをくれたのはまなだった。 盆に沖縄に行った時に、おかんとやりとりをしている自分を見てか 4連休に帰るべ…

将来と今。お金のこと。

コロナで自粛生活が続いたこと そして2年連続で給与が増えたこともあり、 過去と比較し、生活資金に少し余裕が出てきている。 4年目や5年目のおれといえば、忘れもしない。 月をへるごとに、お金が口座から減っていて ぎりぎりボーナスで食いつないでいた。 …

8月を振り返る

気がつけば8月が終わった。 今年も夏が終わった。 祭りもなく、花火もなく、甲子園がない夏休みは どこか物悲しく、本当に夏が来ていたのかと感じさせるくらいだ。 仕事では、何もないところから仕様書を書いたり 機能を考えたり、充実した1ヶ月間だった。 …

2020夏 沖縄

何度悩んだのだろう。沖縄に行くかいかないか。 沖縄でのコロナ感染者数が増えていく日々。 県独自の緊急事態宣言が延長されてどれだけ悩んだだろう。 そんな中で最後に決めたのは自分のWILL.だった。 沖縄に行きたいという気持ちと、行って迷惑をかけないた…