2021年に入って

2021年に入って、早いものでもう18日が過ぎた。 少しずつ環境が変化していることもあり、 今感じていることをここに記したいと思う。 先々週の土曜日に、社内公募の面談が終わった。 想定した内容よりもシンプルであったというのが率直な感想だが 自分なりに…

2020年を終えて

いま名古屋からの帰りの新幹線の中にいる。 遅くなったが、2020年を振り返る。 1年の日記を読みながら、振り返ると1年で色々あったなと思う。 トピックスは下記の通り ・仕事で病みそうになり、大切なものに気づけたこと ・最短KHの達成 ・仕事に自信を取り…

年の瀬

もうすぐ2020年が終わる。 今年はテレワークが続いているからか、年末である実感が少ない。 年末に上司と一緒にカレンダーを持って代理店に挨拶に行き、 忘年会をこなしていた時期が懐かしい。 テレワークとなり、リアルで人と接する機会が減少した。 メリッ…

社内公募

今年から、SCAPがなくなった。 その人事連絡とともに、12月に社内公募が展開される旨の記載があり 毎日人事連絡を見ていた。 12月8日に公募の案内があった。 驚きと興奮で心臓が高鳴りながらページを開くと 自分の目の中に無意識に飛び込んできた部があった…

11月を振り返る

11月を振り返りたい。 11月はよく遊んだ、そんな1ヶ月だったと記憶している。 石垣島、函館。 まなとも親とも旅行することができて、 いろんなことを考えることができたように思う。 日頃、業務に追われることがどうしても多くて なかなか自分自身と向き合え…

ヤマ

11/11無事に投資検討会を通過した。 10月の後半から毎日資料作成に追われ、約15回の資料修正を重ねた。 一つヤマを超えた実感がそこにあった。 昨日仕事を終えて、まなの家へ向かって本社から歩いた。 約30分強の時間、秋の気候とマッチして爽やかな気分だっ…

石垣島の旅

いま振り返れば、充実した5日間だった。 5日間、朝から晩まで遊び続けた。 忘れないうちに、心に残った3つの瞬間というのを記したい。 1.雄太、友紀との時間 ふとしたことをきっかけに小浜島にステイすることになった。 離島は、余計な物が全くない。 むし…

10月を振り返る

今になって思うと、プライベートも仕事でも 非常に充実した1ヶ月間であった様に感じる。 プライベートでは、いろんな場所へ旅行へ行った。 軽井沢、仙台、そして石垣島。 まなともおかんとも旅行に行けたことが良かったと感じている。 旅行においては、新た…

9月を振り返る

かなり時間が経ってしまったので、 9月を振り返るのは簡単にしようと思う。 9月、感じたことは大きく2つある。 1つ目。おかんとの時間。 別記事でも書いたが、9月に京都旅行に一緒に行った。 その帰り道に、なぜか涙がこみ上げてきた。 理由は分からない。 …

読書:人生は運よりも実力よりも勘違いさせる力で決まっている

成功者は成功する確率が高い。1度成功することで、実力以上の力に見え、投資家や優秀な人材が集まりやすい。 学生は運よりも実力の占める割合が高いが、社会人は仕事の不確実性が高いため、運と錯覚資産の占める割合が高い。 1回成功する→周りが自身の実力以…

読書:1分自己肯定感

大変なことがあるのも仕事ですから 嬉しいことがあるのも仕事ですから 忙しいのも仕事ですから 充実感が得られるのも仕事ですから 仕事のできる人、できない人と関わるのも、仕事ですから 私が仕事を頑張れるのは仕事が好きですから ・「仕事ですから」をキ…

読書:脳を最適化すれば能力は2倍になる

1.ドーパミン 10年後の自分を想像するより、目先の小さな目標達成を積み重ねる方が、大きな目標にたどり着きやすい。目標設定と達成の時にドーパミンは分泌されるから。 目標達成を具体的にイメージする。具体的なイメージを描ける=マイルストンが設定できる…

環境の変化

ダーウィンの有名な言葉がある。 「この世に生き残る生物は、激しい変化にいち早く対応できたもの」 そんな言葉を今自分に問われている様な気がしている。 9/17の全体部会で下期の体制発表があった際に 自分のプロジェクトは他のグループの担務となっていた…

おかんとの時間

9月の4連休に名古屋に帰った。 昨年末以来行けていない墓参りと、おかんと旅行をするために帰った。 元々は帰るつもりはなかった。 今回帰るきっかけをくれたのはまなだった。 盆に沖縄に行った時に、おかんとやりとりをしている自分を見てか 4連休に帰るべ…

将来と今。お金のこと。

コロナで自粛生活が続いたこと そして2年連続で給与が増えたこともあり、 過去と比較し、生活資金に少し余裕が出てきている。 4年目や5年目のおれといえば、忘れもしない。 月をへるごとに、お金が口座から減っていて ぎりぎりボーナスで食いつないでいた。 …

8月を振り返る

気がつけば8月が終わった。 今年も夏が終わった。 祭りもなく、花火もなく、甲子園がない夏休みは どこか物悲しく、本当に夏が来ていたのかと感じさせるくらいだ。 仕事では、何もないところから仕様書を書いたり 機能を考えたり、充実した1ヶ月間だった。 …

2020夏 沖縄

何度悩んだのだろう。沖縄に行くかいかないか。 沖縄でのコロナ感染者数が増えていく日々。 県独自の緊急事態宣言が延長されてどれだけ悩んだだろう。 そんな中で最後に決めたのは自分のWILL.だった。 沖縄に行きたいという気持ちと、行って迷惑をかけないた…

じぶんの持つ強さ、そして戦い方。

西田さんと一緒に飲ませてもらった時の言葉が、心を反芻する。 「普通にやったら勝てないから、いつも戦い方を考えていた」という言葉。 今の自分に当てはまる気がするのだ。 業務上、開発関連のシステムライクな話がよく出てくる。 昨年10月に着任して以降…

7月を振り返る

7月を振り返る。 思い返すと基本的には家で仕事をするスタイルは変わっておらず 日常になかなか変化はないけれど、振り返ると色々と思うことがある。 6月の残業時間は75時間。前の部署ではありえないこと。 月末に上長に残業をごまかすことを相談した。 そこ…

3歩進んで2歩下がる

昨日久々に飯田と電話をした。 最近電話していないから、心配になって連絡をくれたそうだ。 三浦春馬のニュースを見て、後悔したくない気持ちから連絡をくれた。 ありがたいことだと思った。 家族でもなく、彼女でもないのに、自分のことを頭に思い浮かべて …

読書:働き方完全無双

人口が減って日本が衰退する一方で、個人だけはスキルを磨いておく状態を創り出すこと。 自分の時間をうみだし、たとえ理解者がいないことでもコツコツとやってみること。 人間はなにかをやり始めることは苦手だが、一度やれば継続するようにできている いつ…

読書:人生は攻略できる

人生は攻略できる 真面目というのは、言い換えれば悲観的で不安感が強く、失敗を恐れて常に慎重な行動をする人 いいことも悪いこともたくさんの体験を持っている人は、間違いなく幸福度が高くなる。それがいずれ、魅力的な「人生の物語」をつくる大事な材料…

肥料。

先日一人であいだみつを美術館に行った。通算3回目。 前に受けた研修で、本屋に行くと目に飛び込んでくるものがあり、 そのタイトルが潜在的に求めていることだと聞いたことがある。 面白いもので、あいだみつを美術館にある無数の言葉の中から いくたびに…

6月を振り返る

6月が終わった。 雨の日が多く、休日も外に出られない日も多かったけれど 充実した1ヶ月になった。 仕事に対しての価値観が少し変化した1ヶ月間でもあった。 5月はどちらかといえば、自分を回復させる期間だった。 ちゃんとまともな生活ができる様にすること…

恩師 松本さんという存在

西田さんと話してから、誰かに引っ張ってもらうことは 自分の中で違う解であることとしていた。 だから、自分の悩みを5月末以降誰かに話すことはなかった。 6月に入り業務も忙しくなったここともあり、 どこか停滞感を感じていた。 そんな中、ひょんなことか…

一つ目標を達成できたということ。

6/4の夕方、評価面談に関するメールが飛んだ。 すぐに上司に連絡し、結果を教えてくれと伝えた。 自分にとって大きな大きな結果発表となる。 ゴールデンウィーク前くらいから、どこか心が落ち着かなかった。 ふとした時、「もしダメだったら・・・」と何度考…

5月を振り返る

5月が終わった。 今年の5月は今年のプレイバックに入るほど 自分の人生にとって大きな1ヶ月だった。 プライベートでは、毎年恒例となっていた沖縄にいけなかった。 とても物足りなくて、毎年帰ってくると体調を崩すほど遊ぶくらいなのに 寂しいゴールデンウ…

西田さんに相談した。

5月25日 18時 緊急事態宣言が撤回された。 緊急事態宣言が撤回された直後に動こうと考えていた僕は、 翌日すぐに西田さんに連絡を入れた。 昼休みのランニングを終えて、広域Gにいた時と同じ様に 昼ごはんが終わったくらいタイミングを見計らって imessageを…

29歳の折り返し地点

朝まなと話していて気づいたことがある。 今日は5月25日。 29歳になっての折り返し地点であるということ。 29歳になって、2つ目標設定したことを覚えている。 1つは自分にとっての幸せの定義をすること。 1つは30代以降の人生をデザインすること。 28歳最後…

読書:死ぬこと以外かすり傷

昨日まで出来なかったことを今日やる。その積み重ねが周りと差をつけていく。 集中力は自分が追い込まれた時に最大になる。常に時間で縛り、最大の集中力を出せる状態にする。 そこそこ優秀、そこそこ目立つは可愛がられる。その先には批判中傷がある。それ…