【読書】ナイスガイ症候群

■調和のとれた男

・自分は自分という意識を持っている。自分はありのままでいいと思っている。

・自分が望むものは、自分の責任で手に入れる。

・自分の男らしさや性的能力に自信がある

・首尾一貫している。正しいと思ったことをやり、その場しのぎのことはしない

・リーダーシップがある。大事だと思う人たちに手を差し伸べ、守る力を持っている。

・明快で単刀直入。自分の感情を率直に表現できる。

・おせっかいを焼いたり、むやみに肩入れしたりせず、広い心であたたかく見守ることができる。

・自分は自分、人は人という境界線を引くことができ、必要なら争いごとも恐れない

 


■過度な自己否定志向

子供時代の経験から、「自分は生まれつきダメな人間で、欠点だらけで、人とは異質で、愛されにくい人間だ」と信じ込んでしまうことです。

故に欠点を隠し、「人は自分にこうあって欲しいと望んでいるのではないか」と勝手に決めた人間にならなければと思い込んでいる。

 


■結果を出せない男たちの悪しき習慣

・人から認められたいと思う

・自分の欠点やミスを隠そうとする

・自分の望みより他者の望みを優先する

・自分の力を他者のために使い、犠牲者的な役割になってしまう

・他の男たちとの付き合いや、男としてのエネルギーを発揮することは控える

・とても満足とは言えない人間関係を相手と一緒に構築してしまう

・セックスでは、二人とも満足できないような状況をつくってしまう

・持てる実力を最大限に発揮できない

 


■テフロン加工の人格

世の中の人々は、実のところ完璧な人間には惹かれません。

人が惹かれるのは、自分が興味や関心のあることを話題にしたり、悩みを相談したりできる相手であり、エネルギッシュで生命感に溢れた人なのです。

 


人が好きなのは人間らしい人です。自分の本来の性格を隠し、自分は完璧な人間であるというイメージを与えようとすればするほど、実体は捉えにくく、人間らしさに乏しいつまらない男に見えてしまいます。

 


■自分を認める方法-自分を肯定する

・私はありのままでも愛される

・私は完璧なまでに不完全な人間だ

・自分の望みがいちばん大切

・私は強く、パワーにあふれた人間だ

・大丈夫、私ならできる

・人間だからミスもする。それでいいんだ

・誰より自分を喜ばせよう

 


■思いやりとお節介のちがい

お節介:与える側が与える必要があると思うものを与える

思いやり:受け取る側が必要とするものを与える

 


お節介:与える側の心の空虚感を満たすための行動

思いやり:与える側の心のゆとりから生まれる行動

 


お節介:無意識のうちに見返りを期待する

思いやり:見返りを期待する気持ちはない

 


■自分ファーストの人間になる

自分ファーストになった時のメリット

・自分の望み、欲求を満たせる可能性が大きくなる

・相手が本当に必要としているものを正しく見極めてから与えられるようになる

・不満を期待を伴うこともなく、相手が望むものを与えられるようになる

・愛情に飢えた心がなくなる

・より魅力的な人間になる

 


■自分の望みを把握する

思考のパターンを変更する必要がある

・欲求を持つのは、人間として当たり前のことだ

・成熟した人間は、自分の欲求をみたすことを優先する

・自分の欲求を満たすために、明確で直接的なかたちで誰かの手を借りたって構わない

・自分の欲求を満たすことに、周りの人も手を貸したいと思っている

・私たちは、何でも手に入る豊かな世界に生きている

 


■自分本来のパワーを取り戻して弱さに勝つ

何が起ころうともどーんと構えて対処できる自信に満ちた心の状態。

・肩ひじ張らない

・現実をしっかり見つめる

・感情をきちんと表現する

・不安と向き合う

・首尾一貫した誠実な人間になる

・他者との間に境界線を引く

 


一つ一つの不安と向き合うたびに、「どんな不安であっても、自分はきちんと対処できる」という信念を持つことが、自らの記憶による不安に挑むことになります。

 


■男らしさとは無縁

大抵のナイスガイたちは、性的エネルギーや競争力、独創性、自己主張、積極性、強引さ、自己顕示欲、そして活力といったものを失う

 


■重要なのは女性から認められること

女性の機嫌を伺い、必死で喜ばせようとするタイプの男を弱々しい男とみなし、軽く見る傾向があります。

女性たちに話を聞くと、ほとんどが異口同音に「従順で、おとなしいだけの意気地なしは願い下げだわ」と言います。

 


■望ましい人間関係を構築するには

・自分のことを認めてあげる

・自分のことを最優先にする

・信頼できる人に、自分のことを打ち明ける

・暗黙の契約をやめる

・自分の欲求、望みをしっかり把握する

・肩ひじ張らず、成り行きに任せてみる

・現実をしっかり見つめる

・自分の感情をきちんと表現する

・首尾一貫した誠実な態度を身につける

・他者との間に境界線を引く

・男らしさを取り戻す

 


■いままでと違う行動パターンをとる

彼女が居ないなら、これまでとは違うタイプのパートナーを選ぶ。

 


周りから認められよう、何事もきちんとやろうとすればするほど、彼らが本来持っているはずの人を惹きつけるエネルギーは弱っていく

 


■野生動物に学ぶ

自信こそが最大の媚薬。ボス猿はメスにどうしたら振り向いて貰えるかなんて考えない。自分は自分。猛々しく、強く、戦うべき時は戦い、性的な自信に満ち溢れている。