the new team.

宮崎から鹿児島に移動の特急の中。

田園風景の中に飾らず咲いている桜を

眺めながらいまの心情を記しておく。

 

 

 

簡単に言えば、不安と期待。時々安堵。

 

 

 

不安とは。

田島さんと話して感じることは、

拠点のオペレーションを

しっかり確立するということ。

 

 

 

ここ1年間、タテにこだわって

営業してきた自分にとって

自分の存在価値は…。なんて思う。

 

 

 

気合いとハッタリとカネで

実績を作っていたが、

そのやり方を変える必要があるのかなと。

 

 

 

ただ、冷静になると期待が大きい。

前提として、いまのやり方では

通用しないことを2月の段階で感じていた。

 

 

 

「このままではいけない。

では、どうすれば…。」

なんて悩みがループして、

結局代理店に今までのやり方でツッコんだ。

 

 

 

そんな中で新しいやり方に

触れることができる。

積極的に学ばないといけないし、

個のレベルを高めていかないといけない。

 

 

 

自分がいままでチームを引っ張ってきた。

自分やり方で突き進んできた。

そのやり方が踊り場に来ているのが、今。

 

 

 

心情に変化があるのが正直なところ。

「おれがなんとかする。」

そんな感情から

「チームのためになにができるのか。」

こんな感情に心が動いている。

 

 

 

代理店には笑顔で接して、刀は抜かない。

自分の強さは何だろう。

次のフィールドで通用するためには

なにが必要なのだろう。

 

 

 

そんなことをふと思っている。

まずは、新しい環境に順応していく。

自分を出しすぎず、自分の役割を

見つけていく。

 

 

 

自分がやるべきことは何なのか。

自分しかできないことではなく、

自分がチームのために何をすべきか。

 

 

 

まず4月は焦らずに。

業務スピードは上がるが、焦らずに。

場面を読む。流れを掴む。

 

 

 

余裕を持って。

余裕の空気感で戦っていく。

 

 

 

play hard wiz beaming smile.