スイッチ

自分が嫌いだ。

 

 

 

そんな感情に最近襲われることが多い。

 

 

 

何が気に入らないのか。

 

 

 

数字を仕留められない自分?

否定されることを恐れて、

自分の考えを表現できない自分?

 

 

 

違う。

自分に自信のない自分が嫌いだ。

 

 

 

ふと気づくことがある。

それは、周りのイメージする自分と

本当の自分は違うということ。

 

 

 

周りのイメージは、

強い、自信がある、

仕事ができる、何でもできる

そんなイメージなんだと思う。

 

 

 

それは傲りではなくて、

本当にそうなんだと思う。

 

 

 

だけど、本当の自分は違う。

心配症で弱気で、いつも不安に襲われている。

 

 

 

じゃあ何故周りはそんな対極な

イメージを持っているのか。

 

 

 

それは、スイッチがオンの自分が

仕事の時の自分だからだ。

 

 

 

形振り構わない。数字に拘る。

時には相手を揺する。

時には相手を抱きしめる。

 

 

 

そんな仕事の時の自分を周りは

そうだと捉えている。

 

 

 

いつからだろう。

ありのままの自分で仕事をしている気がする。

 

 

 

弱くて、心配症で、自信のない自分だ。

 

 

 

そんな自分に周りは付いてくるだろうか。

答えはNO。

誰もそんな自分を好かないし、

付いて行こうと思わない。

 

 

 

自分の強みは、周りを巻き込む力

そして、リーダーシップ。

おれの一言で周りを動かしてきた。

 

 

 

そしていつも、

「俺とお前らはちがう」と

心の中で唱えながら突っ張ってきた。

 

 

 

そうやって、どんな苦しい時も

やるべきことをやってきた。

立ち向かってきた。

 

 

 

それが仕事の時に、自分が好きな自分。

厳しく、突っ張って、遠慮のない自分。

 

 

 

やり方が変わり、自分の無力さを知り、

ここまで自分なりにもがき続けてきた。

 

 

 

まだ未熟だし、完成形とは言い難いけど

少なくとも4月の自分とは全く異なる。

 

 

 

そろそろ、自分を取り戻す。

強かった時の自分を取り戻す。

新しい武器を携え、より強くなった自分を

取り戻していく。

 

 

 

もっと能動的に。

自分を信じて。

 

自分がやりたいように。

自分の感性を信じて。

 

 

 

残りの時間は限られている。

もしかしたら10月には

九州に居ないかもしれない。

一瞬一瞬に後悔のないように。やりきる。

 

 

 

そうなった理由は簡単で、

女に囲まれているからだ。

周りと中和し、全体最適を図ってる空気が

自分の身の回りを支配している。

 

 

 

このままじゃダメだ。

腹を空かせた虎の様に。

ギラギラと時には邪悪なオーラを纏う。

そんな自分を今一度取り戻す。

 

 

 

さぁ、スイッチオン。

 

 

play hard wiz beaming smile.