夏休みを終えて。

今日で夏休みが終わる。

10連休、しっかりとリフレッシュ出来た。

 

 

 

最初の5日間はまなと沖縄に行って

そのあと5日間で名古屋に帰省した。

 

 

 

そんな中で感じたことがある。

それは、「家族への感謝の薄れ」だ。

 

 

 

母親のことを億劫だと

感じるようになったのは

いつ頃からだろうか。

 

 

 

一緒に居ても、心が安らぐことはなく

文句ばかり言われている。

そんな時間に嫌気が刺す。

 

 

 

「自分の頑張ってる仕事を応援してほしい」

そんな気持ちとは裏腹に、いつも自分の

生き方にネガな意見が付きまとう。

 

 

 

そんな中で、一緒に過ごす時間が

億劫になってしまう。

自然と笑顔が消え、義務的な時間になる。

そこに思いやりはきったないんだと思う。

 

 

 

今日、長々と電話して色々と不満を言われた。

自分が過去の様に優しい人間ではないこと

仕事に人生が支配されてしまっていること。

 

 

 

言われる通りだと思った。

仕事に縛られ、プライベートが侵される。

休みの日も恐怖から仕事をしている。

 

 

 

「いま人生楽しい?」

そう聞かれた時に、言葉に詰まる自分がいた。

心から楽しいと言えない自分がいた。

 

 

 

自分の人生において成し遂げたいことは何か。

プライオリティを置くものは何か。

ワークライフバランスは取れているか。

 

 

 

少し仕事が落ち着いた今だからこそ

立ち止まって、自分を見つめ直す必要が

あるように感じている。

 

 

 

今の頑張りがなにに繋がっているのか。

今の自分がなりたい自分に近づいているか。

わからなくなった。

 

 

 

また、ばあちゃんちに行った際にも

何処か億劫さがあったように感じる。

 

 

 

ともかく、人間としての魅力が

ドンドン低下している様に思わされた。

 

 

 

昔はもっと周りを大切に出来たし、

周りの幸せを願っていた。

今はどうだろう。

そんな感覚なくなったんじゃないかな…。

 

 

 

いつからだろう。

そんな自分になってしまったのは。

今一度、人としてなにが大切かを

問い直したい。

 

 

 

play hard wiz beaming smile.