読書:これからの会社員の教科書

仕事を振られた際に、ゴールと制約条件(納期費用等)を聞けるのはできる社員

 


振られた仕事は何でも意味を付け、スキルアップの経験とする

 


ビジネスで主語は絶対に抜くな

 


上司にはYES/NOで答えられる質問しかしない

 


言葉は言霊と言う通り、話者の実体験により言葉に迫力が乗ってくる

 


意思決定の会議の前に、その場で出るであろう質問、指摘されそうな懸念点を事前に全て想定し、だれがどういう角度から意見を出してきそうかをシュミレーションする

 


仕事のための読書はアウトプットを前提として、アウトプットする場面を意識しながら、読むことが大切。

ネットニュースを読み、アウトプットする。インプットとアウトプットをセットにすると内容が頭に入りやすい。

 


異質な人と関わり合わないと、創造的なプロフェッショナルにはなれない。

 


自分で勝手に求められている以上のこと、苦しいことを進んでやれる人は、今の時代にものすごく抜け駆けできる。

 


これまでの仕事のつらい場面で、僕が仕事の辛さに耐えられたのは、「まあ別に辞めてももどうにでもなるや」と思っていたからです。だから、つらい仕事はサウナだと思って楽しめばいいのです。

 


現在の仕事に集中しつつ、外のチャンスにも目を向けておく。この絶妙なバランスをとることができるのが転職がうまく行く人。

 


生産性を高めるには、今週のスケジュールの中のどこで、今日のスケジュールの中のどこで集中力を投入すれば、最大のアウトプットがだせそうか。を見定めること。