4月を振り返る

過去一番働いた1ヶ月だったかもしれない。

残業時間が74.5時間。

休憩入れれば80時間ほど残業した。

 

 

 

4月上旬に緊急事態宣言が発令されて以降

在宅勤務が続いていた。

人は不思議なもので、最初抵抗あったのに

1ヶ月もすれば慣れてしまっていた。

 

 

 

4月から担当業務が変わり、

数値関連や施策関連を担当することとなった。

去年と比べ一緒に仕事する人も変わった。

少しずついい形に流れがきている様に思う。

 

 

 

初めて部長説明もした。

迷ったけれど、いい経験をさせてもらった。

前日の夜に急に言われ、そこから仕上げた

自分は少しさすがだと思った。

 

 

 

棲み分け整理に関しては、やらされ仕事でなく

0から何かを創造する企画らしい仕事で

大変だったけど、久々に誇りを感じた。

 

 

 

作業に囚われる時間が多かったから

如何に作業を減らし、仕事を増やし

早く仕事を上がれるかを考えないといけない。

 

 

 

仕事に時間に拘束された1ヶ月だった様に

純粋に感じている。

 

 

 

あとは、親からマスク等の支援を貰った。

改めてありがたい存在だと思った。

 

 

 

感謝の気持ちとエッセンシャル思考で

抽出した自分が親を大切にするら気持ちを

忘れないようにしないといけない。

 

 

 

I WILL. Life is mine.