6月を振り返る

6月が終わった。

雨の日が多く、休日も外に出られない日も多かったけれど

充実した1ヶ月になった。

 

 

 

仕事に対しての価値観が少し変化した1ヶ月間でもあった。

5月はどちらかといえば、自分を回復させる期間だった。

ちゃんとまともな生活ができる様にすることが第一目的だった。

 

 

 

そんな中で感じていたことは、目標や目的のない日々に対しての

ストレスだったように思う。

いま6月を終えて、その感情は全くない。

 

 

 

それは、仕事に少し向き合い始めている証拠なんじゃないかなって思う。

最近の自分の行動や、考え方を振り返ってもそれを感じることがある。

 

 

 

この一週間、毎日0時頃まで仕事をしていた。

肉体的にはボロボロなはずである。

だけど、そこまで大きな疲れはないというのが本音だ。

 

 

 

それはおそらく「体が慣れた」ということもあるのだろうが

それと同時にストレスを感じていないのではないかと思う。

 

 

 

純粋に開発の内容を考えているのが楽しく思える。

何かを作り出すこと、企画することが楽しく思える。

そんな自分に気付かされることがある。

 

 

 

もちろん全てがうまくいっている訳ではない。

仕事である以上、辛いことも腹が立つことも沢山あるのが本音だ。

当たり前だが、そちらの方が多いと思う。

 

 

 

だけど、何も見えないところから少しずつ形になってきて

少しずつ実現に向けて動いている現状は悪いものではない。

 

 

 

昨日、ふと他のグループへ業務移管するという説があることを聞いた。

「よかった。やっと楽になる。」とは思わなかった。

「ここまで来たんだから、やらせてくれよ」が心に浮かんだ気持ちだった。

 

 

 

やらされ感満載の仕事から、

少しずつ能動的な仕事に変わっている証拠だと思う。

 

 

 

大分支店にいたときのCSアワードやイベント、

広域時代のプロジェクト

広域解体後の営業活動。

 

 

 

これらは仕事だ。当然仕事だ。

だけど、どれだけ時間を掛けてもストレスにはならなかったし

むしろ完成に少しでも近付きたいと思っていた。

 

 

 

今の仕事が少しずつ、そこに近づいている感覚がある。

歯を磨きながらふと心に浮かんだ気持ちがある。

「今の業務が終わったとき、充実してたと思うんだろうな」ということだ。

 

 

 

そう思えることは幸せなことだと思うし、

自然と心に浮かぶことは、充実している証拠なのかなと思う。

 

 

 

気をつけないといけないのは、自分の中で見つけた

エッセンシャルは忘れてはいけないということ。

 

 

 

周りの人間を大切にする。

今一度襟を正してやらないとな。

 

 

 

I WILL. Life is mine.