3歩進んで2歩下がる

昨日久々に飯田と電話をした。

最近電話していないから、心配になって連絡をくれたそうだ。

三浦春馬のニュースを見て、後悔したくない気持ちから連絡をくれた。

 

 

 

ありがたいことだと思った。

家族でもなく、彼女でもないのに、自分のことを頭に思い浮かべて

心配してくれるのは文字通りありがたいことだと思う。

 

 

 

最近どうなのかと聞かれて答えた。

自然と頑張ろうとする自分がいて、それはポジティブな気持ちではあるが

「本当にこれでいいんだっけ」ということ。

 

 

 

自分がやりたいことで、長時間の労働をするのと

自分がやりたくないことで、長時間の労働をするのは明確に異なる。

前者は人生にとってプラスな作用があると思うからだ。

 

 

 

日々は体力的に大変だけれど、上席との打ち合わせで臆せず発言ができたり

自分の考えを伝えられる様になり、成長を感じる。

それがまた次の活力になっていく。

 

 

 

他人には難しい、大きなことを自分が成し遂げようとしている。

自分の成長を感じることができる。

そんな日々がモチベーションになっている様に思う。

 

 

 

想像してみると、誰でもできる簡単な仕事を捌いている日々は

自分にとっては苦痛なんだと思う。

それは、経験が成長に繋がると信じているからなんだろうな。

 

 

 

ただ、それだけをやることが全てではないこと。

また、エッセンシャルな要素ではないことを心から無くしてはいけない。

日々がその確認の繰り返しなんだろうなと感じている。

 

 

 

イチローが言っていた。

「日々懸命に生きたい。それを重ねていく。

 懸命に生きるためのモチベーションを探していく。

 それが生きるということ」

 

 

 

「それを見つけるのか、見つかるのかは分からない。

 だけどそのために一歩踏み出すということですよ」

 

 

 

今の自分じゃダメだと思う自分と

今の自分で満足している自分。

両方の歩みを止めずにいけば、よりよい自分に出会うことができるのかな。

 

 

 

イチローほどの一流でも毎年打撃フォームを変え続ける。

その中には後退もあるけれど、進歩を遂げた時に

それが必要な回り道であることに気付く。

同時に一見遠回りに見えるその道が最短であったことに気付くそうだ。

 

 

 

日々の働き方に問題意識を持つ様になってから、

確かに多くのことを考える様になった。

そして自分なりに試行錯誤を繰り返してきた。

 

 

 

これが、いまイチローのいう回り道なのかもしれない。

人生は変わる。周りの環境が変わるから。

その中で自分のフォームをアジャストしていく。

そんな作業を恐れずに一歩踏み出しながらしていくことの大切さを認識した。

 

 

 

今日から4連休。

久しぶりに親と顔を合わせる。

いつもと違う日常と、久しぶりの親との会話。楽しみだ。

 

 

 

I WILL. Life is mine.