読書:1分自己肯定感

大変なことがあるのも仕事ですから

嬉しいことがあるのも仕事ですから

忙しいのも仕事ですから

充実感が得られるのも仕事ですから

仕事のできる人、できない人と関わるのも、仕事ですから

私が仕事を頑張れるのは仕事が好きですから

 

・「仕事ですから」をキーワードに心をフラットな状態に保っている

 

・ネガティブな感情を数値化する。過去最悪の記憶を10としたときに今が幾つか把握し、過剰な思い込みを防ぐ

 

・コンプレックスをなくす、克服するのではなく、認めた上でうまくいくための対策を練る。コンプレックスに自分の心を支配させない。

 

・ラッキーメモ習慣。ここ1年の出来事で達成したこと、嬉しかったこと、ラッキーだったことを書き出す。1分でいい。

 

・10年後の自分を想像し、今の自分にアドバイスをする。そうすることで、今の辛い時間にも意味を持たすことができる。

 

・スリーグッドシングス・テクニック。1日の終わりやリラックスできる時間に、今日よかったことを3つ書き出す。セレンディピティを育てる。

 

・if-thenプランニングで変化を嫌う脳の特性を乗り越えて、行動に移していく。

 

・自分の行動を思い切り賞賛する。自分を尊敬する。

 

・睡眠の質は22時から2時の間に深い眠りに落ちているかどうかで決まる。

 

・食事はメンタルに大きな影響を与えている。地中海食がいい。

野菜を多く摂る/脂肪はオーブオイル等から/タンパク質は魚介類を中心にする/チーズヨーグルトの摂取/肉は鶏肉を多めに。

 

・食事日記をつけるといい。

 

・ルーティー

▼朝起きたら30分散歩。神社で感謝の気持ちを。

▼朝、親にLINEする。

▼散歩から帰宅したら朝食を摂る

▼昼休みの時間に5kmランニング

▼それ以外にも散歩をし、日々1万歩あるく

▼風呂上りに筋膜リリースする

▼眠る前に読書する

▼休日のAMに家を掃除

 

・うまくいっている人たちは時間をやりくりし、常に何かをまなんでいる。なぜならかけた時間以上のリターンが存在するから

 

・結果を出せる人は、どんな時も具体的に自分がすべきことを言える。うまくいかない人ほどみている将来が抽象的。