10月を振り返る

今になって思うと、プライベートも仕事でも

非常に充実した1ヶ月間であった様に感じる。

 

 

 

プライベートでは、いろんな場所へ旅行へ行った。

軽井沢、仙台、そして石垣島

まなともおかんとも旅行に行けたことが良かったと感じている。

 

 

 

旅行においては、新たな価値観として準備というものの大切さを感じる。

企画職になったからか、バックキャストで物事を考える癖がつき

食事の予約/当日のプランニング等にこだわるようになった。

 

 

 

そして、自分のプランを通じ人が喜んでくれるのを見ると

純粋に嬉しく思う。

 

 

 

この考え方やスキルというのは、

他の目標達成アプローチにもつながることだと思うから

これからも大切にしていきたい。

 

 

 

仕事においては、別グループの人々と一緒に仕事が始まった。

心配や恐怖はたくさんあったけれど、自分なりに恐れず、強気に

業務を進めることができた。

 

 

 

また、実際に業務を進めるといい人たちばかりで

いまのグループの人たちと仕事を進めるより

充実感を感じていた。

 

 

 

そこの大きな要因の一つとして感じるのは、

ネガティブな発言が少ないということ。

そして、自分たちで行動に移してくれるという部分だ。

 

 

 

僕は元来、ネガティブな発言は嫌いだし、

悪口を陰で言うような人も大嫌いだ。

そんな中で働いていることに、大きなストレスを感じていたのだろう。

 

 

 

そこから解放され、前向きに業務を進められているということに

充実感を感じているのかもしれない。

そして、大きなことをメイン担当として企画し、

ここまで推進できたことに少しばかりの自信を感じている様に思う。

 

 

 

日々の業務は実はとても辛い。

やるべきタスクは山の様に存在し、高いレベルでのクオリティが求められる。

そんなタフな環境の中で正直、嫌気がさすことも多々ある。

 

 

 

そんな一方で、今のこの環境は永遠に続かない儚さも感じている。

残り限られた時間を大切に。

いまの時間が充実していると言える幸福を忘れずに頑張ろう。

 

 

 

仕事における幸福度は、上期と比較し確実に上がっている。

自信も少しずつだがついてきた。

それはその場その場で自分が逃げずに、立ち向かってきた証拠であり成果である。

 

 

 

まだ道半ばだから、成功は未だしていない。

でも、成長はしている。

残りの期間も逃げずに、有終の美を飾りたい。

 

 

 

I WILL. Life is mine.