2021年に入って

2021年に入って、早いものでもう18日が過ぎた。

少しずつ環境が変化していることもあり、

今感じていることをここに記したいと思う。

 

 

 

先々週の土曜日に、社内公募の面談が終わった。

想定した内容よりもシンプルであったというのが率直な感想だが

自分なりに準備したことを出し切れたことは嬉しく思う。

 

 

 

いざ面接を終えてみると、「あとは結果を待つだけ」というのもあり

そこに割いてきた時間がポッカリと空いてしまい、物悲しく感じる。

やはり、僕は何か目標に向かって努力している自分が好きなんだと思う。

 

 

 

昨年末から続けてきた面接対策がようやく一区切りついたこともあり、

2021年の目標策定について考え始めている。

 

 

最近自分の心に残った言葉を考えると、挑戦というものが

潜在的なキーワードになっている様に思う。

「やりたいことが見つからないのは、挑戦の数が足りないから」

「挑戦とは嫌なことをやること」

そんな言葉を聞くと、心が騒ぐ。

 

 

 

確かに30歳になってから、東京にきてから、

自分自身が保身に走っている様に感じている。

それは会社である程度の給料がもらえる様になって、

今の自分の立場を守りたい自分がいること

己を追い込み過ぎて、精神的なダメージを負うことを恐れているからなのかな。

 

 

 

昔は、本気で沖縄に住みたいとか、ニューヨークに住みたいとか。

そんなことを思っていたけど、今は現状維持を続けたい自分が強い気がする。

目標を実現したい自分と、それにかかるエネルギーや時間を天秤にかけた時

現状維持を選んでしまいがちなのだろう。。。

 

 

 

リスク(不確実性)を冒すことを嫌い、現場のままでいたいと思う。

そんな自分に嫌気がさしている。

 

 

 

一方で、親が健在で無くなったり、結婚したあとは

より一層変化に対応できなくなってしまうだろう。

自分の人生の選択肢の幅が決まってしまうのだ。

 

 

 

その前に、やりたいことや、やるべきことを実行に移す。

昨年末にタイムバケットを作成した内容を、

一つでも多く行動に移さないといけないと思う。

 

 

 

そんなことを考えている。

具体的なスローガンを考えられていないけれど

「やりたいことをやる。挑戦する。」

こんなメッセージの下に行動に移すことを大切にする1年にできたらいいな。

 

 

 

時間の有限性と、今の幸せな状況がいつまでも続くと

保証されたものではないことを、心に。